赤ちゃんの離乳食はいつからいつまで?具体的な進め方は?

赤ちゃんが大きくなってくると気になってくるのが、離乳食。でも、子育てが初めてだと離乳食についてもいつから始めたらいいのかな?いつごろ終わるんだろう?気をつけたい点ってあるのかな?と、疑問に思うことが多いはず。

そこで今回は、赤ちゃんの離乳食の進め方について期間はいつからいつまでなのか?注意するべきポイントは?なども含め、丸ごとご紹介していきます!是非、参考にしてください!

離乳食はいつから始める?

赤ちゃんの離乳食をスタートさせるタイミングは、一般には生後5~6ヶ月ごろとされています。しかし、これはあくまで目安。赤ちゃんの成長や発達は個人差が大きいので、実は、注目すべきは月齢ではなく赤ちゃんの様子なのです。

  • お座りができる
  • よだれが増えてきた
  • 大人の食事を欲しがる

生後5~6ヶ月を過ぎてこの3つのサインが揃ったら離乳食を始めるタイミングです。

赤ちゃんが離乳食を食べるためには食べ物を飲みこめるよう上体を起こして座れることが大切。また、しっかりと座れるようになるとよだれが増えてきます。そして、このよだれを唇を閉じてゴックンと飲み込むことで赤ちゃんは食べ物を飲み込む練習を積み、離乳食へとつながります。

その一方で、赤ちゃんの意欲も大事なポイントです。大人が食べているものに興味を示しよだれを出したり、口をもぐもぐさせたり、手を延ばしたりするような様子が見られれば、赤ちゃんの意欲も育っているとみていいでしょう。

また、離乳食を始めたからといって翌日も必ずあげる必要があるわけではありません。赤ちゃんが嫌がるようならしばらく様子をみて、機嫌がいい時に改めてスタートしてもいいですし、調子が悪い時には離乳食をお休みし、おっぱいやミルクだけで過ごしても大丈夫です。例えば、食べ物を口に入れてもすぐに舌で押し出すのであればまだ離乳食の開始は早いのかも。

離乳食の開始が多少遅れたとしても必ずいつかは食べられるようになります。離乳食の進みは、進んで戻っての繰り返しです。焦らず、気長に取り組みましょう。また、離乳食はスタートから完了まで約1年をかけ、進めていくのが基本。ゴックン期などの各時期の名称は人によって異なるようですが、

  • 生後5~6ヶ月ごろ:ゴックン期
  • 生後7~8ヶ月ごろ:モグモグ期
  • 生後9~11ヶ月ごろ:カミカミ期
  • 1歳~1歳6ヶ月ごろ:パクパク期

以上のような4つの時期を経て、ステップアップしながら離乳食を進めていくのが一般的です。

離乳食の進め方

続いては、各時期の離乳食の進め方をご紹介していきます。それぞれの時期で異なるのが

  • 赤ちゃんのそしゃく能力
  • 離乳食の回数
  • おっぱいやミルクの回数
  • 離乳食の形状
  • 離乳食の量

といった5つの点。赤ちゃんの成長に合わせて少しずつステップアップしてことが大切です。

生後5~6ヶ月ごろ:ゴックン期

離乳食が始まったばかりの赤ちゃんは食べ物を口に入れるとゴックンと飲み込むことができますが、舌は前後だけしか動かせません。歯は多くの子が生えていないようです。

離乳食の回数は、最初は1日1回量は1さじからスタートし、ゆっくりと増やしていきます。1ヶ月ほどして慣れてきたら、回数も2回に増やしてみます。形状は、トロトロと液体に近い位~マヨネーズ程度のかたさで、味付けはなし。重湯ややわらかい野菜、白身魚、豆腐などが食べられます。卵は卵黄の2/3個程度。おっぱいやミルクはほしがるだけあげて大丈夫です。

生後7~8ヶ月ごろ:モグモグ期

そしゃく能力が上がり、舌が上下にも動かせるようになります。歯が生え始める子もいて、柔らかいものなら上あごに押し付けてつぶして食べられるように。

回数は2回で、形状は、ゴックン期よりも水分を減らし、舌でつぶせるかたさや大きさが目安。ちょうど絹ごし豆腐~木綿豆腐のかたさくらいになります。味付けは、砂糖や塩がほんの少し。鶏のささみや赤身の魚、きのこなどが食べられるように。後半には、全卵の卵1/2がOKになります。

量は、5倍粥:80g、人参:20g、豆腐:40g、みかん:10gなどが1回の目安となっており、おっぱいやミルクは1日3回程度です。なるべく、1回の食事でおかゆなどのご飯類、野菜、タンパク質がとれるように心がけるとバランスがいいですね。ご飯類5:野菜類3:肉・魚類2の割合で考えると、わかりやすいです。ただし、赤ちゃんの好みや体調によっても食べる量は変わってきますから、強くこだわることもありません。赤ちゃんの様子を見ながらあげてくださいね。

生後9~11ヶ月ごろ:カミカミ期

この時期になると、早い子は上下4本の歯が生え、舌も前後・上下に加えて左右にも動かせるように。食べ物も歯茎でつぶして食べられるようになり、離乳食栄養摂取のメインになってきます。

回数は3回に増え、形状はバナナを指先でつぶしたくらい。味付けは、砂糖・塩に加え、しょうゆも香りづけ程度ならOK。牛や豚の赤身、青魚、貝や練り物なども食べられます。量は、離乳食3回に対し、おっぱいやミルクは1日2回、離乳食とおっぱい&ミルク6:4の割合になります。1回の目安量は、全粥:90~100gか軟飯:80g、人参:30g、豆腐:45g、みかん:10gなどです。

1歳~1歳6ヶ月ごろ:パクパク期

いよいよ離乳食も完了期に。舌の動きが自由自在になり、歯も上下4本ずつ生えてきて食べ物を前歯でかじれるように。歯茎も硬くなり、噛むのも上手になります。この頃になると、回数も大人と同じく3回食に、プラスおやつ午前と午後に1回ずつあげることができます。

形状は、柔らかめの肉団子が目安で味付けも、薄味ならばOKに。おっぱいやミルクは1日1回~2回で量も減っていき、栄養の8割程度離乳食となります。1回の目安量は、軟飯:90g、もしくはご飯:80g、人参:35g、豆腐:55g、みかん:15gなど。香辛料や添加物を避ければ、大人とほとんど同じものが食べられるようになります。

いかがでしたか?赤ちゃんの離乳食の進め方。赤ちゃんの好みや体調、成長具合なども様々なのでマニュアル通りにはいかないことも多いと思います。赤ちゃんに無理のないようゆったりと進めてあげてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す