赤ちゃんのはいはいの適切な期間はどれくらい?

赤ちゃんがはいはいをして動き回る姿やママを追いかける姿は本当に可愛らしいものです!はいはいが上手になると赤ちゃんにとっては一気に行動範囲が増え、その分、ママにとっては一日中赤ちゃんの後をついて回るなど大変で気が休まらないことも多くなるでしょうがやはり、我が子が一つ一つ成長していく過程を見られる喜びはかえがたいものですし、首が座れば、お座り、お座りが上手になれば、はいはいと正直、親にとってみれば次のステップがとても待ち遠しいものですよね。

しかし、赤ちゃんの成長ぶりはその子その子によって違っており、個人差がかなりあるのです。もちろん、はいはいも例外ではなくお座りからはいはいをせずにいきなり立ち上がり、そのまま歩き出す子もいるなど千差万別。しかしながら、はいはいがなかなかできないなど、我が子の成長ペースが他の子と比べて遅いとどこか悪いのかな・・?と心配になってしまうのも親心ですよね。

そこで今回は、赤ちゃんのはいはいの適切な期間についてお届けしていこうと思います。また、「はいはいの練習方法」についての記事も書いていますので興味がある方はそちらも是非どうぞ!

はいはいができる条件とは?

赤ちゃんがはいはいができるようになるためには、実は、いくつもの条件が揃わなくてはなりません。はいはいの姿勢が取れるように首が座り腕や足の筋肉の他に腰の筋肉なども十分に発達していなければなりませんし、バランス感覚も必要になります。また、自分の行きたい方向に手が出せる、自分からはいはいをして移動しようと思う赤ちゃん自身の気持ちも大切になってきます。

ですから、はいはいが気に入らず、自分で立って歩く方が好ましいと思えるような子ははいはいを省略することだってあるのです。自分の能力や気持ちを一番よくわかっているのは赤ちゃん自身、そして、赤ちゃんだけでもあります。

まだ大人の説得や言葉を理解できない赤ちゃんに、早くはいはいして!はいはいをした方がいいよ!と言ってみても無駄ですよね?赤ちゃんは、自分で自身の身体や能力、気持ちなどを判断し、一つ一つ成長するしかないのです。

そのため、はいはいをしない子、逆にはいはいが好きで長くやる子、はいはいの変化形であるひじばいや高ばい、くま歩きをやる子などが出てきます。そして、これらのいずれもが、首すわりお座り立って歩くという発達上の大きな道筋の中では途中過程でしかありません。

はいはいは大きな筋道から見ると枝道の一つにすぎないのです。なので、省略されたり、形が変わっていたとしても心配する必要はないのです。また、身体が大きな子はいはいが遅い、もしくは、あまり好まない傾向も見られるようです。はいはいはお尻を持ち上げ、手の力で自分の身体を引っ張る必要がありますが、これが体重の重い子には大変なことのよう。

事実、うちの子は生後半年で9kg、9ヶ月には10kgを突破していた超・健康優良児でしたが身体が重かったのか生後8ヶ月ではいはいとつかまり立ちを同時並行に行うと、すぐに伝い歩きをするようになりました。生後10ヶ月には一人で上手に歩いていましたから結局、はいはいはあまりせずに移動し、歩けるようになったのです。

ちなみに、赤ちゃんの時は他に類を見ないくらい丸々としていたうちの子。それが、歩くようになるとするすると細くなり今では、逆にやせ過ぎなほどの健康児に!はいはいをほとんどしなかったとかそんな影響の影はみじんもありません。このように、赤ちゃんの成長は様々!うちの子のはいはい、いつか見たいなくらいの気楽な気持ちで、ママ達も待てるといいですね。

はいはいの適切な時期とは?

はいはいは個人差があるので適切な期間や時期があるわけではありません。はいはいがなくっても、最終的には立って歩けるようになればいいわけですからね。しかし、多くの赤ちゃんがはいはいをする時期の目安というのはもちろんあります。それは、生後5ヶ月~10ヶ月。早い子は生後5ヶ月から、多くは8~9ヶ月に始まり、ゆっくりな子は10ヶ月の終わり位に始まるなど、それぞれのペースがあるようですが、この期間が一番多いようです。

形としては、腰がしっかりして、腕の力がつくとまず、ほふく前進のようにお腹を床に付けて腕で身体を引っ張って移動するずりばいをする子が多く出てきます。このずりばいからはいはいへ移行する子が多数派のようです。

また、お座りとはいはいの時期が近いため、お座りがまだしっかりとしていないのにずりばいを始める子もいるそう。ずりばいやはいはいなどの運動は、筋肉や運動神経の発達の他に性格や好奇心の強さ、お部屋の環境なども大いに関係すると言われていますので時期的に近いお座りずりばいなどが赤ちゃんによっては順番が逆になることも珍しくないそうですよ。

ずりばいやはいはい、出来るようになるまでも、そして出来てからも、ママ達の温かく気長な見守りが大切になるようですね!

スポンサードリンク

コメントを残す