赤ちゃんのはいはいの効果的な練習方法はこれ!

赤ちゃんがはいはいをする姿は見ていて微笑ましくとってもかわいいものですが周りの同じくらいの月齢の子がみんな、はいはいしているのに我が子だけが出来ていなかったら焦りを感じてしまうママもいるもしれませんね。また、ずりばいまではできているけど赤ちゃんがなかなかはいはいをせず、内心、歯がゆい思いをしている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、赤ちゃんに無理のない範囲でできるはいはいの効果的な練習法についてご紹介していきます!

はいはいができるまで

はいはいができる時期の目安生後8ヶ月ごろと言われていますが、はいはいは個人差が非常に大きく、中には全くはいはいをせずに立ち上がり、歩きだすようになる子もいるほどです。実際、うちの子もずりばいは好きでしたがはいはいはほんの少しの期間だけしただけで、すぐに立ち上がり歩くようになりました。

寝返りお座りはいはいなどは確かに、赤ちゃんの成長過程で注目される大きな転機と言えますが赤ちゃんの成長というのは必ずしもセオリー通り進むものではなく、各個人のペースにゆだねられるものです。

もちろん、はいはいのタイミングを作る為に、はいはいにつながる動きを遊びに取り入れるなどの方法はとても有効だと思います。しかし、はいはいができないからと心配して、無理に練習をさせるのはおすすめできません。何故なら、はいはいをするにはその動きに必要な筋肉の発達が不可欠ですし、赤ちゃんの好き嫌いも大きく関係しているからです。

また、無理をして練習をさせると赤ちゃんに恐怖心を植え付けてしまう可能性もあります。はいはいに限らず、赤ちゃんの成長は赤ちゃん自身の力を信じてゆっくりと焦らずに見守ることが大切ですよね。はいはいの練習も赤ちゃんに無理のない範囲で気長にのんびりとやっていくのがコツと言えます。

また、赤ちゃんがなかなかはいはいをしない場合、その時期にまだきていないだけでなく、周りの環境が整っていないことも原因になることがあるのだとか。まずは、赤ちゃんがいつはいはいを始めてもいいように、充分なスペースを確保し、危険なものは手の届かない所にどかしておきましょう。家具の角や柱など、硬くて尖っている場所には、クッションテープなどの保護材をつけるのもいい方法です。

また、ずりばいやはいはいをするようになると大人がびっくりするような広い範囲を動き回るようになります。ですが、動き回れるようになるだけで赤ちゃんは、まだ段差などには対応できません。玄関などへはいはいをしていき小さな段差で落ちる、目を離したすきにベランダに出て転落してしまう・・というような不幸な事故が多発していますので赤ちゃんがはいはいをしてもいいスペースとそうではないスペースをきちんと仕切る、鍵をかけるなどの工夫が必要になりますね。

赤ちゃんのはいはい!効果的な練習方法はこれ!

続いては、赤ちゃんのはいはいの効果的な練習方法について。

はいはいにつながる前運動としてまず、ずりばいをする子が大多数のようです。ずりばいとは、ほふく前進のように床にうつぶせになり、手足の力で床を蹴って前後左右、斜めと自由に動き回る運きです。この動きに、腕が立ち、お腹が床から離れて膝をついて移動するようになるのが、はいはい。つまり、ずりばいが出来るようにうまく促してあげられれば、はいはいにつながっていく可能性が高くなります。

ずりばいのタイミングをつかむには赤ちゃんの前方に興味を持たせるのが有効な手段!赤ちゃんが移動してきてくれるように赤ちゃんの少し前、手を伸ばしてもタッチできない所に大好きなおもちゃを置く、ママや家族が座るなどして声をかけるのです。

この時のコツは、赤ちゃんのやる気をそがないよう、ちょっとずつ距離を延ばしていくこと。あまりに遠いと赤ちゃんもすぐに諦めてしまいますから、ちょっと頑張ったら手が届く・・くらいから始めてみましょう。

また、もう少しでずりばいをするかもというような動きを見せている時は赤ちゃんの足の裏に大人の手の平を当て、壁を作ってあげると、足を蹴って前に体が進む動きを教えることができるでしょう。ただし、ずりばいを教えようと腕を引っ張ると脱臼してしまう恐れがあります。この点は気をつけましょう。

また、ずりばいが上手にできるのなら四つん這いの姿勢を覚えさせることもはいはいにつながりやすくする方法の1つと言えます。やり方としては、お布団などでうつぶせになった赤ちゃんの腰を両手でしっかりとつかみ、ちょっとだけ上に持ち上げます。そうすると、赤ちゃんは条件反射で両手両足を前に出すので、お布団に着くかつかないかの所まで身体を下げてあげます。

こうすることで、赤ちゃんは、お腹より先に手の平や足で着地する感覚をつかみ、覚えることができます。ただし、この姿勢を赤ちゃんが嫌がる場合は決して無理強いしては
いけません。恐怖心や嫌な記憶として残らないよう赤ちゃんに無理のない範囲で試してみて下さい。

また、赤ちゃんは人の真似が大好き!ずりばいやはいはいをママ達が赤ちゃんの目の前でやってあげるのも有効な手段の一つです。その他、児童館など赤ちゃんが自由に遊べる空間で他の赤ちゃんがはいはいしている姿を見せてあげるというのもいいですね。

いかがでしたか?赤ちゃんのはいはいにつながる効果的な練習方法、いくつかあげましたが、お役にたてそうでしょうか?うまく遊びなどに取りいれつつ楽しみながら、赤ちゃんにたくさん教えてあげて下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す