赤ちゃんの日焼け対策と防止する方法を知って夏に備えよう!

一昔前、ママ達が赤ちゃんだった頃は赤ちゃんの成長には“日光浴”が欠かせないと言われ、広く推奨されていたものですが、最近の研究などによって紫外線が肌に及ぼす様々な影響が明らかになってきたことで、母子手帳でも推奨すべきは“日光浴”ではなく“外気浴”に書き換えられるほどに!また、子どもの頃に浴びた紫外線がダメージとなって皮膚に蓄積し、10年以上たってからシミやシワ、免疫力低下、皮膚がんなどの原因になりうるということも新たに判明したのだとか。

つまり、赤ちゃんのうちから日焼け=紫外線対策が大切になってくるということですね。しかも、赤ちゃんというのは日差しが強い季節に直射日光に当たるとひどい時にはやけどや水ぶくれになってしまうこともあるほど敏感な肌の持ち主。実は、大人よりも紫外線対策を必要としているわけです。

というわけで、今回は日差しや紫外線が強くなる初夏から夏に備えて、赤ちゃんの日焼け対策と防止する方法について、お届けしていきます。赤ちゃんのかわいいお肌を将来にわたって守るためにも、是非、この記事を役立ててくださいね。

夏に備える!赤ちゃんの日焼け対策!

赤ちゃんを強い日差し=紫外線からガードするには、大きく分けて2つの方法があると思います。

1つめは、日差しを遮ること赤ちゃんに直射日光が当たらないようにいろんなものでさえぎる方法です。お部屋の中ならカーテン、お外では、帽子や日傘など。こちらは、具体例が多いので後ほど説明しますね。そして、もう1つは日焼け止めでお肌を直接、守ること。まずは、この日焼け止めからご紹介していきますね。

ベビー用の日焼け止めを塗る

赤ちゃんに日焼け止め!?と驚かれるママも多いかもしれませんが紫外線の害が広く認知された現在ではもはや常識となっているようです。中には、0カ月から使用可能な商品もありますが、おすすめは生後3ヶ月くらいからの使用。生後3ヶ月くらいまでの新生児期は非常に肌が敏感なので、日焼け止めはあまりおすすめできないのです。それまでは、長時間の外出は控え、直射日光を長時間浴びないように生活するのがいいでしょう。

ただし、日光を浴びることは悪いことばかりではありません。人間は日光を浴びることで身体の中に、ビタミンDなどの栄養物質を作り出します。あまり極端に日光を浴びないでいるとこのビタミンDが欠乏し「くる病」という病気になってしまう危険性もあるのです。ビタミンDを体内で作るには1日15分程度、日光に当たることが必要ですので、神経質になり過ぎず適度にお散歩などを楽しんでください。

また、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ時のポイントとしてはベビー用のものを選ぶこと石鹸で落とせるものを選ぶことが大切です。大人用のゴシゴシこすらないと落ちないような強力な日焼け止めだと、赤ちゃんのお肌には負担になってしまいます。日焼け止めを買う時は、この点を注意しましょう!

また、日焼け止めには、SPFやPAなどの表示がありますが、SPFとは紫外線B波PA紫外線A波を防ぐ目安になっています。数値が高いものほど強い紫外線に対応できるのですがやはり肌への負担が心配。海や山などの紫外線が強い所は別にして、日常なら肌が敏感な赤ちゃんにはSPF10~20程度PAは+1くらいがおすすめです。

また、汗をかくと日焼け止めは取れてしまいますので、長い時間外出する時などは2時間おきに塗り直すことが必要です。塗り方としては、塗りむらがないようしっかりと!ちょっと肌が照っているかな・・くらいが目安です。

また、日焼け止めの中には「紫外線吸収剤」を含む商品もあり、赤ちゃんによってはこれで炎症をおこしてしまう子もいるとか。こちらは避けた方が無難と言えます。また、日焼け止めを使う前にはパッチテストをしておくと安心。パッチテストの方法は、日焼け止めを少量、赤ちゃんの二の腕に塗って30分後、24時間後の2回確認をするだけ。塗ったところが赤くなる、かぶれるなどの異常がなければ大丈夫です。

帽子をかぶる・日傘を活用する

ここからは、日差しを遮って紫外線をガードする方法をご紹介していきます。

まずは、帽子!外出時は必須ですね。夏などの日差しが強い時期はつばの広いものを選ぶと安心です。ですが、帽子が嫌いで・・という赤ちゃんも多いかもしれません。そんな時は、ママの日傘が大活躍!持ち歩くのは面倒ですが手軽に日陰が作れるので熱中症予防にも有効です。

ベビーカーには日よけを!

ベビーカーで移動する赤ちゃんに必要なのが、日よけ!必ず日よけを広げておきましょう。その時にうっかりと忘れがちなのが足元。ベビーカーの日よけも足元まではカバーできないのが普通なので、足だけ日焼けしてしまうというようなことも。足元は涼しい素材のアフガンなどをふんわりとかけてあげましょう。

車内はUVカットグッズを利用する

お車で出かけるご家庭も多いと思いますが車内で直射日光に当たると大人でも腕などがチリチリと焼けるように感じるほど。窓ガラスにUVカットフィルムを貼るUVカットできるネットを取り付けるなどの工夫が必要です。

車内にカーテンを取り付けるというのも、いい方法ですが運転に支障がないように気をつけてくださいね。また、カーテンは室内にいる時の紫外線対策にも有効ですよ!

10時~14時の外出は避ける

1日のうち、10時~14時は一番紫外線が強い時間帯と言われています。夏のこの時間帯は気温も非常に高くなるので、外出は避けた方がいいでしょう。お散歩などのお出かけには朝の早い時間帯か夕方の涼しい時間帯がおすすめです。

いかがでしたか?夏に備えて、赤ちゃんの日焼け対策、わかっていただけたでしょうか?ピカピカな赤ちゃんのお肌、しっかりと守ってあげてくださいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す