赤ちゃんの出産に必要な準備リスト

赤ちゃんが生まれるのを心待ちにしているママやパパ、出産後の準備はできていますか?特に、初めての子の出産では何もかもわからないことだらけ!育児雑誌の出産準備リストを見て、私もあらゆるものを買いに行きましたが結構お金がかかるものなんです!

しかも、結局必要なかった物も多く、無駄なお買い物をしてしまった感が否めません・・今となっては、初めてのことで舞い上がっていて不安もあるし、赤ちゃんって特別なんだから・・と思い込んでいたので何もかも必要だと考えてしまっていたのですね。でも、実はそんなことありません!

押さえるべきポイントはいくつかありますが、赤ちゃんってそんなに特別に扱わなくてもいいんです!実際に私の周りでも第2子、第3子と子供が続々と生まれていますがやはりお世話用品などはどんどん簡素化されていっていますね。それでも子供たちは何の問題もなく元気に育っています。ここでは、私の反省も踏まえ、皆さんに賢く出産準備をしていただけるよう、ご紹介していきます!

大事なのは、たったひとつ!出産準備品の揃え方

赤ちゃんをお迎えするために一番重要なのは、安全かつ清潔に保つこと。これのみです。しかも、赤ちゃんが生まれてから買っても遅くはないもの、もしくは買い足せるものは割とあるんです。それを実際の生活シーンごとに見ていきましょう!

陣痛が始まった!

まずは、陣痛が始まり、産院へ入院しますね。この時に必要なものは病院からリストが渡されますのでそれに従って準備しておきましょう。こんなものいるの?と思っても病院側が必要と判断したものは持っていかなければいけません。 気を付けておくことは余計なものを持っていかないこと。

例えば、私は哺乳瓶を用意していきましたが結局、入院時は産院が貸してくれ、退院後は母乳のみだったので結局使いませんでした・・それに、どうしても必要ならパパに買ってきてもらいましょう!今は、夜遅くまで開いているドラッグストアがあちこちにあります!そこに行けば、揃わないものはほぼないと言っても過言ではありません。

退院して家へ!

そして、退院し、いよいよお家へ。ここからが本番です。まず必要なのは退院時のママとベビーの服。ママは出産したからといって妊娠前の服は到底入りません。私も産んだらお腹がぺっちゃんこになると勘違いしていましたが違います。

また、まだまだ身体がつらい時期。マタニティワンピースなどがおすすめです。ベビーの服は入院中は病院が貸してくれると思います。退院時は季節に応じて用意します。なら涼しい服が必要ですし、ならあたたかいおくるみもあったほうがいいでしょう。それと忘れがちなのが、チャイルドシート!ご家族などにお車で迎えに来てもらう方は必須です!さあ!いよいよ赤ちゃんとの生活が始まりますよ!

安全&清潔を!赤ちゃんとの生活

さて、お家に帰ってきました。赤ちゃんを寝かせなければいけませんね。では、どこに?

ベッド派?布団派?

これは、今までパパとママが布団派ベッド派だったのかで決まります。お布団で寝ていた方は赤ちゃんのお布団セットのみでいけます。ベビーベッドはいりません!私も周りの友達もそうですがベビーベッドを長い事使用した人はいません!

特にお布団派は添い寝ができるので母乳の場合、夜中に授乳するのも慣れてくると寝たままあげられて便利!ただ、お家にペットがいる方や上のお子さんが小さい方などは赤ちゃんの安全のためベビーベッドを用意した方がいいかもしれません。

レンタルもあるので月極めで利用してみては?一方、ベッド派の場合は、ベッドに余裕があれば別ですがベビーベッドが便利です。自分たちのベッドにくっつけて使用できるようにセットしておくといいですね。

赤ちゃんのミルクのために!

そして次は赤ちゃんのお世話。退院後は少量でも母乳をあげる方がほとんどです。母乳が少なければ粉ミルクとの混合栄養になりますし、母乳が豊富なら母乳のみにもなります。

粉ミルクとの併用ならば、哺乳瓶乳首、それらを清潔に保つための消毒する(煮沸も可)セット、もちろん粉ミルクなども必要です。粉ミルクは産院で試供品がもらえるので慌てて買う必要はありません。特に母乳が豊富な方は粉ミルクを使わないですむこともあるので注意しましょう。

この粉ミルクを併用するのか母乳のみでいけるのかは産んでみなければわかりません。逆に言うと、産んでみて必要なら買いにいけばいいということ。初産なら大体5日は入院するのでその時の授乳の様子をみてご家族なり、パパなりに揃えてもらう方が無駄がなくていいですよ。

私は母乳が豊富だったので授乳時に一番必要だったのは哺乳瓶より、母乳パッドでした。授乳ブラの中につけるものですが母乳が染みだしてくるのでしょっちゅう付け替えなければならず、買いに走ってもらいました。人それぞれですね。

清潔にするためのグッズ!

また、おっぱいをあげる時はまず乳首を消毒してからあげるように産院から指導があると思います。このとき、便利なのが清浄綿ウェットシートのようなものです。

ただ成分が赤ちゃんに安全なように考えられているもので、湿らせたガーゼなどでも代用できるのですが何しろ体調が100%ではないのでその手間も辛くて・・大体、皆さん同じだと思いますので買っておいて損はないですよ。ただ、育児に慣れてくると乳首なんていちいち消毒しなくなりますが・・

また、赤ちゃんはよくおっぱいミルクを吐きます。またを拭いたり、沐浴で使用したりと頻繁に使用するので、ガーゼは多めに用意すると便利。セット販売が多いので利用しても。

続いては、おむつ替え。おむつは紙おむつが断然便利です!新生児用を用意しておきましょう。赤ちゃんはすぐ大きくなるので買い置きはせず、その都度買ってきてもらいましょう。慣れてくると買うべき量も自然とわかってきます。

また、おしり拭きも用意すること!使用済みのおむつと一緒に捨てられるので便利です。あと、おむつ替えの時に結構汚れることが多いので小さな防水シートを敷いてそこでおむつ替えすると下の布団などが汚れず、いいですよ。

どうする?赤ちゃんのお風呂!

そして、難関なのが赤ちゃんの沐浴です。これも用意する品で論議が分かれるところ。私はベビーバスを用意(レンタル)しましたが、正直、お風呂場で腰を折り赤ちゃんをバスの中で洗うのは本当に大変でした。

なので、早々にリタイア。浴槽をきれいに洗ってお湯を張り、自分の身体を洗ってから赤ちゃんと一緒に一番風呂に入っていました。第2子、第3子となるとこのような方法を最初から取る強者も出てきます。大事なのは、清潔であること!

免疫力の弱い赤ちゃんのためにベビーバスを用意するのは正にその理由からきているのでそこさえクリアできれば大人と一緒でも構わないのでは?という考え方ですね。実際、それで病気になったと聞いたことは一度もありません。

また、洗面所のシンクベビーバスに代わりにする方も。もちろん綺麗に洗った上での使用です。ただ、ちょっと抵抗がある方も多いでしょう。そんな方には、やはりベビーバスをおすすめします。今は、台所のシンク洗面所などに入る小さ目サイズもあるとか。これなら姿勢も楽ですよね!

また、湯温計もリストに入っていることが多いですが、今は湯温をパネルなどで調節できるところが多いので、必要ないと思います。それからベビー用のせっけんも忘れずに!今はで出てくるタイプもあるそうですよ。便利!

おすすめはこちら!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2BW6NL+691XRE+2YT0+60OXD

そして、ベビーバスを使う方もそうでない方も成長に従って大人と赤ちゃんのお風呂が一緒になる時がやってきます。そうなると不便なところも多々出てくるんです。まず、お風呂上りの赤ちゃんのお世話。

お風呂から別の人に赤ちゃんを渡してお世話を頼めればいいのですが、そうもいかない事も多いですよね。そういう時、やはり自分の身体より、赤ちゃんの身体が大事!ということで、多くのママが裸に近い恰好で赤ちゃんを拭いて、服を着せ、耳と鼻の手入れをしてやり・・と大変な思いをしています。この時、便利なのがバスローブ。さっと羽織ることができるだけで身体が冷えず、全然違います!

また、お風呂上りの赤ちゃんに必要なのが赤ちゃん専用のバスタオル綿棒くし着替えなど。着替えなどは手を通すだけで着せられるよう全てセットしておきます。赤ちゃん用の綿棒くしも近くにセットバスタオルで良く拭いたらそこに寝かせ、湯冷めしないよう手早く着せていきます。

その後、新陳代謝の激しい赤ちゃんのためにを優しくお掃除し、病院から貰える消毒薬へその緒の消毒や、もとかしてあげましょう。がのびていたら、お風呂上りは切りやすいので切ってあげても。赤ちゃん専用爪切りが必要です。

ここまでくると、あとは寝かせるだけ。夜中の授乳にミルクが必要な方は枕元にポットなどを用意。おむつ替えのためにすぐに取り出せるところにおむつおしり拭きも準備。

赤ちゃんが産まれると1日がバタバタしてそれだけで終わってしまいます。できるところはパパご家族に頼みつつ、上手に息抜きしながらやっていくのがコツだと思います。赤ちゃんとの新生活、楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す