赤ちゃんが氷を欲しがる!あげても大丈夫なのはいつから?

夏が近づいてくると、冷たい飲み物やかき氷などひんやりしたものが魅力的に思えてきますよね。ですが、赤ちゃんがなど冷たいものを欲しがった時、あげてもいいのか、どうか・・?ちょっと迷っちゃうかもしれないというママも多いかもしれません。

そこで今回は、赤ちゃんが氷を欲しがる!あげても大丈夫なのはいつから?と題して、赤ちゃんと氷の関係についてご紹介していきましょう!

赤ちゃんに氷!?あげても大丈夫なのはいつから?

うちの子もそうでしたが赤ちゃんって氷が好きな子が多いんです。レストランなどに入ると常にコップの中の氷に大注目!かき混ぜてみたり、氷をちょっとなめさせてもらったり。カランカランというあの音がいいのか?それとも、硬くひんやりした感触や食感?とにかく、よくわかりませんでしたが氷が大好きで、毎回テーブルの上を濡らしていましたね。

大きくなった今では氷にそれほど執着することはもちろんありませんが小さな赤ちゃんの時期に氷好きになることは、珍しいことではないと思います。ですが、ここで気になるのは赤ちゃんに氷をあげても大丈夫なのか?ということ。

暑い時期にひんやりしたものを口にすると、大人は涼しく心地いい気持ちになると思いますが実は、赤ちゃんにはNG!赤ちゃんはまだ胃腸の機能が発達段階にあるので氷などの冷たいものはお腹への刺激が強すぎるのです。そのため、氷に関わらず冷たくひやした飲み物や果物などで赤ちゃんのお腹がゆるくなってしまったり下痢になってしまうこともあるとか。気をつけなければいけませんね!

また、大人なら冷たい飲み物や食べ物で食欲が増進することがおおいにありますが、赤ちゃんはそういうことはないそうなのです。むしろ、赤ちゃんは夏に太ることが多く、食欲が落ちることもあまりないそうです。暑いから冷たいものをあげた方がいいんじゃないか?というのは大人の思い込みのようですね。

では、赤ちゃんはいつになったら氷などを口にすることができるのでしょうか?これは、1歳以降が一つの目安になるようです。それまでは暑くても、常温の物のみ。また、1歳以降でもお腹への刺激を考えるとたまのお楽しみ程度に少量あげる位がいいようですよ。

赤ちゃんが氷を欲しがるのは鉄分不足が原因!?氷食症とは?

たまのお楽しみ程度に・・と大人が考えていても氷に魅了された時期の赤ちゃんは「氷!氷!」と催促することもしばしばあるようです。ですが、この氷好き。ただの一過性のものではなく実は、隠れた病気の可能性もあるそうなのです。その名前は、氷食症。赤ちゃんには少ないようですが最近では、この氷食症になる子どもが増えてきているとのこと。

では、氷食症とはどんな病気なのでしょうか?氷食症は、「異食症」の中の一つで「異食症」とは、栄養価のない土・紙・髪の毛・爪などが無性に食べたくなるという特徴的な症状があります。この「異食症」の中でも、その対象がになると、氷食症と呼ばれるのです。夏になると冷たいものが嬉しい季節となり、もちろん時々食べるだけなら問題はないのですが氷を食べることがやめられない・・となると、氷食症の疑いが出てきます。

ただし、やめられない程の量とは製氷皿1皿以上。時々、少量食べるという位では氷食症とはなりませんので安心してください。ただ、この氷食症の原因に精神的なストレス貧血鉄欠乏症があげられるのが問題となります。つまり、日頃の食事などで鉄分が欠乏している、もしくは足りない場合に氷が無性に食べたくなることがあるようなのです。

それは、どういうことかというと・・まず、鉄分が不足することによって、身体の中で血液中の赤血球が足りなくなってしまいます。赤血球というのは、身体中に酸素や栄養などを運ぶ働きがあるためそれが不足すると、自律神経の働きが乱れてしまい、体温の調節機能の乱れなどにもつながってしまうそうなのです。その結果、比較的影響を受けやすい口の中の温度が上がり、氷が欲しくなってしまうのだとか。

赤ちゃんがむやみに氷を欲しがって止まらない・・という時はもしかしたら、鉄分不足が原因になっているのかもしれません。まずは、日頃の食生活をチェックして意識して鉄分を補ってみることを始めてみるのがいいかもしれませんね。

いかがでしたか?赤ちゃんと氷の関係。わかっていただけたでしょうか?これから暑くなる季節です。大人が食べているのを見て、欲しくなる赤ちゃんも多いかもしれません。そんな時は、かき氷のシロップがかかっていないところをほんの少しあげるなど、世の中のママ達もいろいろ工夫しているようですよ。また、大きな氷窒息の原因にもつながりますので氷をあげる時は大きさに気をつけて目を離さないようにすることも非常に大事なことです!注意してくださいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す