赤ちゃんが布団で寝汗をかく!対策として行えることは?

赤ちゃんの寝汗。特に夏はすごいですよね!うちも寝入りばなに身体が熱くなり汗をびっしょりかく子でしたので汗が冷えて風邪を引いたらいけないと気をつかったものです。赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発で汗っかきです。うちの子のように寝入りばなだけではなく、眠っている時も大量に汗をかいています。

そんな汗っかきの赤ちゃんの寝汗、どう対処したらいいのでしょう?減らすことはできないのでしょうか?赤ちゃんが眠る時、快適に休めるよう、今回は、赤ちゃんがお布団で寝汗をかく時の対策についてまとめてお届けしたいと思います!

赤ちゃんの寝汗対策!寝具編

赤ちゃんの寝汗は、赤ちゃんが寝ている環境を整え、寝具や衣類などの工夫をしてあげるとかなり減らせると思います。その中から、まずは寝具の対策法からご紹介していきましょう。初めに、寝具自体は赤ちゃんは非常に汗をかくので綿100%などの吸湿性のいいものを選ぶことが大切です。

また、風邪を引いたらいけないからとお布団を掛けすぎてしまうとこれまた寝汗の原因になります。特に夏は、お腹だけかかっている位でいいと思いますね。赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなんです。ですから、寝具や衣類の目安は大人より1枚少なめが基本。

また、赤ちゃんは体温の調節機能がまだ万全ではないですが、汗をかくことと足の裏から熱を逃がすことで自分の体温を調節しようとする機能が既に備わっています。ですから、お布団を掛ける時は足の裏の放熱を妨げないように夏なら足首から下を出してあげ、それ以外の季節はふわっとお布団をかけるようにするのがおすすめです。こうすれば余計な熱がこもらず寝汗を余分にかくこともありません。

また、敷布団に冷感シート寝ゴザなどなどを敷いて涼しさと快適性を高めるのも寝汗を減らすとてもいい方法です。アイスノンもいいのですが赤ちゃんが動いてしまうと意味をなさないので動いてしまっても広範囲がカバーできるものがよりいいと思います。

それから、敷布団に防水シートを敷いているご家庭も多いと思いますが防水シートは水分を下に通さないためどうしても湿気がこもりがちに。そうすると、やはり寝汗を促す原因になってしまうので寝汗がひどい赤ちゃんは外すことを検討してもいいかもしれません。

うちの子は肌が弱く、あせもができやすかったのと夜中におしっこをほとんどせず、おむつを替える必要がなかったので防水シートは購入しましたが早い段階から使わなくなりました。別にそれで支障がでた記憶はないですね。たとえ、おむつ替えの際にシーツなどの寝具が汚れてもすぐに洗濯すれば問題はなかったです。

また、使用した寝具はこまめに干し、湿気がこもらないようにするのも寝汗対策に有効です。たとえ見えなくても汗をたくさん吸っていますから夏場は特に、シーツなども毎回替えてあげる方がといいと思います。おすすめは、バスタオル。シーツ代わりに敷布団にかぶせて使います。気軽に洗濯できますし、肌触りも吸湿性も抜群!替えも何枚もある!赤ちゃんがシーツ代わりに使わなくなっても本来の用途で使うことができ、便利ですよ!

赤ちゃんの寝汗対策!衣類編

続いては、赤ちゃんの寝汗対策の衣類編について。まず気をつけたいのは寝具と同じく、汗をよく吸うものを選ぶということ。赤ちゃんは冬でも寝汗をかくことが多いです。

寒いだろうからフリースを着せて・・と考えてしまうママもいるかと思いますがフリースなど化学繊維は汗の吸湿性が高くないのであまりおすすめできません。衣類が汗をよく吸わないと周りの気温が下がった時などに身体が汗で冷えて風邪を引いてしまうことも。また、衣類の中で湿気がこもると不快になり、夜泣きなどの原因にもつながりかねません。寝汗対策のためだけにではなく風邪予防、夜泣き予防などのためにも、綿などの吸湿性の高い類を着せましょう。

また、夏に暑いからとノースリーブの衣類を着せがちですがこれは汗をよくかく脇の下などが覆われていないので、半袖の方がおすすめです。そして、うちの子と同様に寝入りばなに大量に汗をかく場合は、背中にガーゼ汗取りパッドなどを挟んでおくのがgood!

たいてい寝かせる時はその直前まで授乳していますよね。その時に顔や頭、首などの汗は拭けても、背中などは無理です。ですから、着替えをさせるときに肌着の一番上にガーゼや汗取りパッドなどを敷いておき、そのセットごと着せます。

その際のポイント後で抜きとれるように少し上をはみ出させておくこと。そうしておいて、寝入った頃にそっと引き抜くと寝入りばなの寝汗がかなり減らせます。そっと引き抜いても起きちゃうかも・・という場合は寝返りをうった時やお布団に寝かせる直前に引き抜くといいと思います。

また、赤ちゃんは頭から首にかけて汗をよくかきます。その時の汗をよく吸収できるように授乳の際にはガーゼタオルママの腕にかける、または腕カバーなどを使用するといいですね。かいた汗が拭かれたり吸収されると赤ちゃんも気持ちよく眠れるはずです。

赤ちゃんの寝汗対策!環境編

最後は、赤ちゃんの眠る環境について。近頃は夏に熱帯夜も多く、エアコンなしでは大人も眠れない程暑い時もありますよね。もちろん赤ちゃんの身体の成長のためには、夏の暑さを知り、慣れることも大切ですがあまり無理をしないことも重要です。

赤ちゃんは身体の水分量が大人よりも多く、汗かきなのであまりに暑すぎると大量に汗をかき、脱水症状になってしまうことがあるのです。エアコンを24時間つけっぱなしというのはおすすめできませんがお昼寝や夜、寝る時にエアコンを上手に利用してあげると寝汗を大量にかかずにすみますし、赤ちゃんも快適なのでよく眠れると思います。

特にエアコンが必要な夏の場合、赤ちゃんが快適に過ごせる温度26~28℃湿度60%以下と言われているとか。また、外気温との差5℃以内というのも、一つの目安になります。また、扇風機サーキュレーター等を上手く組み合わせるのもいい方法ですね。

赤ちゃんの寝汗対策、いかがでしたか?エアコンなどで眠る環境を整え、寝具や衣類に気を配れば寝汗をずいぶん減らせると思いますよ。赤ちゃんがぐっすり寝てくれるとママもずいぶん助かりますよね。是非、これらの方法を実践してみて下さいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す