風邪にならないための赤ちゃんの夏の汗対策!

暑くなってくるとただでさえ汗っかきの赤ちゃんがさらに大量の汗をかくようになって1日に何度もお着替えやらシャワーやらでてんてこまい!というママも増えてくると思います。大量の汗によるあせもなどの皮膚トラブルはもちろん、汗をかいた後に赤ちゃんの身体が冷えて風邪を引いてしまう・・というようなこともあるので、注意が必要!

赤ちゃんが風邪を引くとぐずぐずと不機嫌になったりぐったりしたりとママにも赤ちゃんにもいいことは一つもありません。それだけに、夏の汗対策はおろそかにできない問題になってくると思います。そこで今回は、風邪を引かないための夏の赤ちゃんの汗対策についてご紹介していこうと思っています!

赤ちゃんの夏の汗!どんな時に風邪につながる?

赤ちゃんがをかき、それが風邪につながってしまう原因としてまず考えられるのが赤ちゃんの周りの温度の急な変化ではないでしょうか?赤ちゃんは大人と同じくらいの数の汗腺をあの小さな身体に保有しておりとても汗っかきなのですがそれと同時に、体温調節機能がまだ上手にできないため外気温や室温などの周りの温度やの変化に非常に左右されやすい身体でもあると言われています。

ですから、大人以上に周りの温度の変化に敏感で例えば、暑い外から涼しい室内へ移動した場合、大人なら「涼しいな」くらいですむところが、赤ちゃんにとってはそうではありません。自律神経などがうまく機能して体温を調節できる大人と違い、赤ちゃんは汗をかくことでしか体温調節をすることができないと言われています。

そのため大量の汗をかいて体温を調節しようとするのですが急に暑いところから涼しいところへ連れて行かれると、その気温変化に身体が対応しきれないのです。そのため、汗をかいたまま涼しい場所にいることになり結果、風邪を引いてしまう・・というケースが大人よりも多くなってしまうのです。

また、赤ちゃんは寝ている時にたくさん寝汗をかきます。大人も子どもも寝ている間、気がつきはしませんが汗をかいていると言われていますねただ、赤ちゃんの場合、先ほども言ったように汗をかくことで体温を調節しようとする上、新陳代謝も活発なので大人よりも寝汗をたくさんかきます。

しかし、朝方など夏でも気温が下がり涼しくなったり、肌寒くなったりすることがありますよね。そうなると、大量の汗をかいて身体を冷やそう、体温を下げようとしている赤ちゃんはさらに体が冷えて風邪を引いてしまうことが多いのです。

また、暑いからなのかお布団やタオルケットを蹴るなどして、身体が冷え、それが風邪につながることも。赤ちゃんの周りの温度の急な変化、そして寝汗など。これらが、夏、赤ちゃんが風邪をひいてしまう原因の一つとなっているようですね。

風邪を引かないために!?赤ちゃんの夏の汗対策とは?

赤ちゃんの汗から風邪へと至る原因が分かったところで、続いては、風邪をひかないようにするためには、どのような対策をとればいいのでしょうか?まずは、汗による風邪の原因を予防すべく対策をたててみましょう。周りの温度の急な変化によって赤ちゃんが風邪を引きやすいのなら赤ちゃんが急激な温度変化を感じる機会をなるべく減らすことが有効な手段になるはずです。

例えば、暑い外からお家に帰った時、急いで涼しくしようとエアコン低い設定温度でかけてはいませんか?外から帰ったばかりの赤ちゃんはまだ汗をたっぷりかいています。そんな時に急激に部屋が冷えていったら・・?風邪を引いてしまってもおかしくありませんよね。外から帰ったら、窓を開けるなど風の通りを良くして、赤ちゃんの汗を拭いてあげる着替えをさせるなど、まずは、赤ちゃんの汗を引かせることから始めましょう。その上で、エアコンをかけて徐々に室温が下がっていくというようにするのが理想的です。

また、外出の際、外と室内の気温の差が激しい所が多いですよね。スーパーなど大人でも肌寒く感じることがあると思います。赤ちゃんは尚更でしょうから、いきなり冷えさせるのではなく徐々に慣れさせるのがベスト。室内に入ったら、きちんと汗を拭き、その上で、カーディガンなど1枚上着を羽織らせるといいですね。ねんねの赤ちゃんは、アフガンバスタオルなどをかけるといいかもしれません。

また、寝汗対策としては眠っている赤ちゃんを汗をかいているからと起こすわけにもいかないので、よく汗をかく背中に汗取りパッドガーゼなどを挟んでおき、寝入った頃にそっと引き抜くといいですよ。うちの子も寝汗がすごかったので毎日ガーゼを挟んでいました。入浴後に着せるお洋服セットにあらかじめガーゼを敷いておけばいいので、簡単便利な方法ですよ。

また、汗とは直接関係はないですが暑さなどで、赤ちゃんが夜中にお布団などを蹴ってしまい、風邪を引いてしまうことに関しては手と足をタオルケットなどの外に出してあげる、もしくは寝入ったころにそっとタオルケットなどをかけてあげるなどの方法が有効だと言われていますよ。

赤ちゃんを風邪から守るためには汗をかいたままにせずこまめに拭いてあげたり着替えをさせたりするのがまずは第一です。その上で、温度の急な変化や寝汗など、こちらの記事を参考に気をつけてあげてみて下さいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す