夏に多い!知っておきたい赤ちゃんのあせもの対処法と対策!

赤ちゃんがいるご家庭で夏に多いお悩み。それが「あせも」ではないでしょうか?うちの子も毎年なっていました。アトピー肌だったので日頃から気をつけてはいたんですが夏になるとあっという間にあせもに。年齢と共に肌が丈夫になるまで毎年、あせもには悩まされてきたものです。

そんな悩めるママやパパに向けて今回取り上げるのは、あせもの対処法と対策あせもは何故できるの?あせもができたらどう対処する?病院に行く目安は?あせもにならないための予防策は?これらを一挙にお届けしていきます。本格的な夏になる前に、しっかりと対策をたてておきましょう!

赤ちゃんのあせも!何故できるの?!

考えてみると、大人も汗をかくのに大人に比べて赤ちゃんや子どもの方があせもができやすいと思いませんか?それは、いったい何故なのでしょう?それには、大人と赤ちゃんや子どもでは異なる汗腺の密度や、かく汗の量、汗のたまる時間の長さなどが関係しています。

実は、赤ちゃんにも大人と同様に汗腺が備わっています。その総数も大人とほとんど変わりがありません。しかし、絶対的に身体の大きさが違いますね。そのため、大人並の数の汗腺があの小さな身体にびっしりと非常に濃い密度で存在しているのです。しかも、大人より新陳代謝が活発で体温が高いため、赤ちゃんは大人の2~3倍の汗をかくと言われています。

さらに、暑いと感じた時や汗をかいた時、大人ならばエアコンをつけて気温を調節したり、シャワーを浴びたり、着替えをしたりなど、汗が身体に長くとどまらないよう自分で対応できますが赤ちゃんはそうはいきませんよね。大人よりも大量に汗をかくのに自分では何もできずに汗をかき続けるしかないのです。そのため、大量の汗が大人よりも長く皮膚にとどまることになり、これがあせもの原因の一つである「表皮ブドウ球菌」等の繁殖を招き、炎症を起こしてしまうのです。

また、あせもができた後、さらに患部が「黄色ブドウ球菌」等の細菌に感染してしまうと、「あせものより」という悪化したあせもになってしまう可能性も。こうなると痛みも出てきます。皮膚の弱い子ですと、あせもから「とびひ」になって身体のあちこちに炎症が広がることもあります。このような事態を招かないためにもしっかりと対策、ケアすることが大切ですね。

赤ちゃんにあせもができたら?その対処法は?病院へ行く目安は?

では、赤ちゃんにあせもができてしまったらどのようにケアすればいいのでしょうか?まず、大事なのはご家庭でのスキンケアを見直し、汗が肌に長くとどまらないよう心掛けること。あせもができやすい場所はおむつで蒸されてしまうお尻、おむつのギャザー部分のあたる腰回りおでこ首まわり背中脇の下、その他、手足のくびれ部分など。

いずれも汗がたまりやすいところで、はじめのうちは、中心が水滴のように透き通った小さな白っぽいブツブツ赤い小さなブツブツができます。この状態であれば、

  • 汗をこまめに拭く・着替えさせる
  • シャワーなどで洗い流す
  • 吸湿性のいい衣類を着せる
  • エアコンなどをうまく利用し、涼しい環境を与える
  • おむつや下着の交換をまめにする

など、肌を清潔に保ち、汗をかいたままにしないようにすれば治まっていくことが多いようです。ただし、シャワーの使用時は石鹸を使わず、洗い流すのみで!石鹸を多用すると、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。石鹸の使用は1日1回でOKです!

また、これらのケアと並行して市販されているベビー用の塗り薬を使用するのもいいですね。しかしながら、これらのケアをしばらく続けてもあせもが治らない、改善しない、出続ける、広がるといった場合や赤ちゃんがかゆがって掻きむしる時は一度、受診したほうがいいでしょう。

また、「あせものより」や「とびひ」のように細菌などによって炎症が悪化、広がった場合などは、すぐに病院へ行く必要があり、症状が重いので、塗り薬の他に、抗生物質を貰わないと治らないと考えられます。

あせもにならないための予防策は?

続いては、あせもにならないための予防策について。基本は、あせもになった時のお家でのケアと同様です。赤ちゃんが汗をかいたままにならないよう、こまめにチェックし、対応してあげましょう。また、吸湿性のいい衣類の中でもノースリーブよりは半袖がおすすめ。脇の下も汗をかきやすいので袖があった方がよく汗を吸ってくれます。

それから、授乳時や就寝時に赤ちゃんは首の後ろや背中に汗をびっしょりとかく子が多いですよね。うちもやっていましたが、授乳時にはママの腕にタオルを、就寝時には背中にガーゼなどをいれておくと汗を吸ってくれて便利ですよ!

また、アトピーなど皮膚の弱い子は早目に病院に行きひどくなる前に手を打つのもいいと思います。うちの子は肌が弱かったのであせもを発症するといくらシャワーや着替えをこまめにしても、家庭のケアだけでは完治はしませんでした。

とびひにもなったことがあるのであせもが出たらひどくなる前に毎年、かかりつけの皮膚科に行ったものです。そこでは、抗ヒスタミン剤の飲み薬塗り薬保湿ローションが処方され、面倒ですがシャワーのたびにローションを全身に塗ってケアしました。肌の弱い子はシャワーで汗と一緒に皮脂も流れ、乾燥してしまうのでその分、ローションでの保湿が必要だったのです。正直、大変でしたが、ひどくなってからよりもひどくなる前にケアしたことでとびひなどを繰り返すことはなかったですね。皮膚の弱いお子さんは特に気をつけてあげてほしいです。

いかがでしたか?赤ちゃんのあせもの対処法と対策。皆さんの夏の助けになれば幸いです

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す