赤ちゃんが暑いかどうか判断するサインは?

寒い冬が終わりをつげ、気温が高い日が増えるにつれて今度、心配になってくるのが「暑さ」です。まだ体温の調節機能が十分でない赤ちゃんにとって、「暑さ」というのは油断がならないもの。もちろん、日頃赤ちゃんの様子をそばで見ているママやパパであれば何か赤ちゃんに変化があった時、「あれ?今日は様子が違う・・?」と何かしらの兆候に気がつくはず。

ですから、赤ちゃんの様子に四六時中特別、慎重になり過ぎる必要はないでしょうが、日本の夏の暑さは、一歩間違えば、熱中症の危険性なども指摘されているほど。実際に、毎年多くの子どもやお年寄りなど救急搬送されるニュースが後を絶ちませんよね。

そのため、赤ちゃんが暑がっている時のサインを知っておくことは熱中症などの不幸な事態を避けることにつながり、大切なことと言えますね。そこで、今回は赤ちゃんが暑いかどうか判断するサインついてお届けしていこうと思います。

赤ちゃんが暑がっている!そのサインは?

赤ちゃんが暑がっている時のサイン。まず、見分けやすいのは見た感じの状態です。汗をかいている頬が真っ赤・ピンクに上気しているなどの状態は、大人と同様に一目見てわかりますね。

また、赤ちゃんは体温の調節がまだ上手にできないため周りの温度に左右されやすくそのため、手足が洋服に包まれている胴体部分よりも温度が低い、もしくは冷たいのが普通です。手足が温かい背中に手をいれると汗をかいているなど、普段と違う状態であったり、触ってみてはじめて赤ちゃんが暑がっているとわかったりする時もあります。このような時は、1枚洋服を脱がせる、着替える、涼しい場所に移動する、エアコンを利用するなどの対処が必要になりますね。

また、わかりにくいのが赤ちゃんが寝ている時。赤ちゃんは汗をかくことでしか体温を調節できないのでとても汗っかき!寝汗もすごいですよね。ですが、そんな時でも手足は意外と熱くないものです。赤ちゃんが寝ている時に頬がピンク色に上気して手足が温かい、このような場合はお腹や背中に手を入れてチェック!もしかしたら暑すぎて汗をかいている可能性がありますよ。

ちなみに、赤ちゃんの足の裏は熱を逃がす働きがあります。足の裏からの放熱というのは体温の機能調節が未熟な赤ちゃんの数少ない調整方法です。ですから、暑い夏は、寝る時もお布団やタオルケット等で赤ちゃんに足の裏を覆わないように気をつけましょう。就寝時には、赤ちゃんの足首から下をお布団などから出すようにするといいですよ!

また、火がついたように泣くという時も、暑すぎる場合の赤ちゃんの行動の一つ。何だか今日はギャンギャン泣くなぁと思った時は、もしかしたら暑い?と考えてみてもいいかもしれません。

赤ちゃんが暑い時のサイン熱中症の初期症状は?

私の子育ての経験上、暑がっている赤ちゃんや子どもに多いのがハアハア言っているぽかんと口をあけたままにしているという状態。暑い中、楽しく遊び過ぎて暑いのも水分を摂るのも忘れている子どもはよくこういう状態になっています。軽い脱水症状を引き起こしているのかもしれませんね。

たいていは、涼しいところで休んでお茶などを飲ませるとよくなります。しかし、脱水症状が進むと唇が渇く元気がない・不機嫌になるなどの症状が出てくることもありこの状態になると熱中症の初期症状とも考えられます。汗をかいているのに唇がガサガサしている、ちょっと疲れて見える・・ような時は暑さのため、水分が足りていないのかもしれません。涼しい場所に移動して休憩し、水分をよく摂らせてあげましょう。

また、その他

  • 頻繁におっぱいやミルクを飲みたがる
  • 汗をかかなくなる
  • おしっこが出なくなる

などの場合も、熱中症の疑いが!赤ちゃんは大人よりも身体の水分の割合が高く、常により多くの水分が必要です。また、そのため脱水症状にも陥りやすいのです。水分を十分に摂っているか暑いところにいすぎていないか日頃から、こまめにチェックしておくことが大切です。また、熱中症の症状が進むと、

  • ぐったりして、意識が朦朧とする
  • 呼びかけても反応しない

という症状も出てきます。このような場合は、直ちに医療機関へ。早急な処置が必要です。

いかがでしたか?赤ちゃんの暑いかどうか判断するサインをご紹介してみました。早目早目に対処すれば何事も重症にはならないものです。赤ちゃんの様子をよくみておかしいな・・と思ったら涼しいところで休憩する水分を摂らせるなどの対応を忘れないようにしましょう!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す