赤ちゃんの夏の布団の選び方!被せ方などの注意点は?

暑い夏の夜は、大人でも不快に感じることが多いですよね。新陳代謝が活発で、汗っかきの赤ちゃんには尚更かもしれません。実際、夜中にお布団などを蹴ってしまう赤ちゃんも多いようです。しかし、かといってお布団などを何も掛けないで風邪をひかせてしまったら・・という心配も尽きないもの。

そこで、今回は夏の赤ちゃんのお布団の選び方被せるときの注意点などについてご紹介していこうと思います。夏に赤ちゃんが生まれる予定があるプレママさんやいつもお布団を蹴ってしまって困る・・という現役ママにも是非、読んでほしい内容です。

夏の赤ちゃんのお布団の選び方とは?

赤ちゃんのお布団の選び方。その大原則は、赤ちゃんの睡眠を快適にかつ安全に保つ ということ。冬ならば、赤ちゃんが寒くないように充分に暖かく、
夏ならば、汗を良く吸い、涼しく・・といったようにです。

特に、気温や湿度が高い夏は赤ちゃんの寝汗も多く、お布団をかけようか?いや、暑すぎるかも?タオルケット?バスタタオル?それは涼しすぎるかな? など赤ちゃんを涼しく快適に眠らせてあげたいと思う一方で汗が冷えて風邪でも引いたらと心配にもなってしまう厄介な季節と言えますよね。

では、この厄介な夏を乗り切るにはどのような寝具選びをすればいいのでしょうか?まず、一番に心掛けてもらいたいのが汗をよく吸うものかということ。赤ちゃんは眠る時に寝汗をかく子が多いですが、暑い夏の時期は特にその量も増えます。

うちの子も寝汗がすごくて、毎日、寝かせる時は背中にガーゼを1枚仕込んでいました。そしてよく眠った頃にそっとそのガーゼを引き出します。こうすると、寝付くまでの汗が肌着にしみわたることもなく取り除けるので、便利でしたよ。子どもも寝つきが良かったように思います。

やり方としては、お風呂から上がった時に着せるお洋服の一番内側の背中にあたる部分にガーゼを敷き、そのまま着せれば出来あがり。今は、ガーゼでできた寝汗パッドというものもあるようですので、そちらを利用するのもいいかもしれません。

この寝汗パッドなどと同様、夏の寝具は綿やガーゼ素材などの吸湿性が高いものを選ぶというのがまずは鉄則となります。敷布団のシーツやパッド、上からかけるタオルケットなどもこれらの素材で揃えるといいですね。今は、ガーゼでできたケットもあり、綿よりも涼しく感じられると人気が高いようです。

また、敷布団の上にはバスタオルを敷くのもおすすめです。目には見えませんが赤ちゃんは眠っている時もたくさんの汗をかいています。かといって、敷布団をそう毎日洗ったりもできませんよね。しかし、バスタオルなら気軽に使えて、洗え、乾くのも早いので便利です。何より、よく汗を吸ってくれます。

赤ちゃんは、寝入りばなや夜中にびっしょりと汗をかいて眠る子が多いですがぐっすりと眠っているなら心配はいらず、むしろ、新陳代謝が活発で汗っかきなのでこれが普通の反応だと考えられます。

ですから、夏の寝具は吸湿性を第一に考え、同時に、赤ちゃんが大量にかく汗を取り除き、常に清潔が保てるように洗濯しやすい素材であること、もちろん赤ちゃんにとって肌触りがいいということも選ぶ上で、大切な要素になります。

夏の赤ちゃんのお布団被せる時の注意点は?

夏の赤ちゃんのお布団。掛け布団についてですが初夏の肌寒い時を除き、暑い時期には掛け布団は必要ないと思いますね。なぜなら、赤ちゃんは、新生児期以外大人より1枚少なめの服装や寝具で大丈夫だからです。つまり、大人がちょっと涼し過ぎ?と思うくらいが赤ちゃんにとってはちょうどいいといえる温度。

ですから、暑い時期には、タオルケットバスタオルをお腹を冷やさないようにかけてあげるくらいでいいと思います。その際、タオルケットなどから赤ちゃんの足首から下を出しておくようにするのがコツ

赤ちゃんは、足の裏で体温の調節を行うと言われています。夜中に赤ちゃんがお布団を蹴ってしまうというお家はもしかしたら、足の裏までタオルケットなどがかかっている事が原因かもしれません。足の裏までお布団などで覆っていると暑くても赤ちゃんは体温調節がうまくできないのです。

また、タオルケットやバスタオルをかける代わりに、ガーゼ地やタオル生地のスリーパーを着せるお家も多い様です。スリーパーなら蹴ってもお腹がめくれ上がることはないので、夜中も安心ですよね!ただ、スリーパーはお腹だけでなく、前後に1枚多く着せることにもなりますから赤ちゃんが暑すぎないように中に着せる肌着やパジャマなどは1枚減らすか、薄手のものを選ぶなど、工夫は必要になりますね。

いかがでしたか?夏の赤ちゃんのお布団事情。赤ちゃんが涼しく快適に過ごせるよういろいろ知恵を絞って考えますよね。裏ワザとしては、敷布団の上にベビー用の寝ゴザを敷き、涼しさと快適性をアップさせる、寝る場所を夕方から暗くしておき温度を下げておくという方法も取られているようです。皆さんもいろいろ試してみてくださいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す