赤ちゃんの歯ぎしりの原因とその対処法は?

赤ちゃんの歯ぎしり。赤ちゃんが歯ぎしりなんてするの?と、驚かれる方も多いでしょう。うちの子はしなかったので私も今回、調べていて驚きました。ですが、この赤ちゃんの歯ぎしり。実は、そう珍しい現象でもありません。歯ぎしりをする赤ちゃんは全体の10~20%いるとされるので10人に1人か2人は歯ぎしりをする子がいるということ。

また、赤ちゃんの歯ぎしりは大人の歯ぎしりとは原因などの点においても大きく異なっています。今回は、そんな意外に多い赤ちゃんの歯ぎしりについてその原因と対処法をご紹介していこうと思います!

赤ちゃんの歯ぎしりの原因とは?

赤ちゃんの歯ぎしりはだいたい乳歯が生え始める生後6ヶ月くらいからまたは、上下の前歯が生えてくる生後8ヶ月~9か月くらいに始まることが多いそう。大人の歯ぎしりの原因は主にストレスなどからくるものと言われていますが、赤ちゃんに限って言えばこのストレス原因説はあてはまらないと考えてよさそう。

では、何が原因なのか?それは、赤ちゃんにとって発達上必要なことであるからです。赤ちゃんには最初は歯がないですよね。ですが、生後6か月くらいになると乳歯が生えてきます。そして、歯がどんどん生えてくると、歯の噛み合わせのバランスをとろうと歯ぎしりが始まると言われています。

これは、歯ぎしりをすることで赤ちゃんが本能的に、噛み合わせに最適な位置や、次に生えてくる歯の位置顎の位置などを探している。または、上下の噛み合う感触を確かめている行為だと考えられています。

そのため、赤ちゃんは寝ている間だけでなく起きている時も歯ぎしりをします。また、この歯ぎしりという強い力で噛み続ける行動が顎の骨が強くし、同時にしっかりと噛む力をもつけると言われています。赤ちゃんにとって歯ぎしりは成長のための試行錯誤の真っ最中!といったところかもしれません。赤ちゃんってすごいですよね!誰にも教えられていないのにこうやって自らの身体を守り、健やかに育とうとしているのですから。

ですから、この時期から乳歯が生えそろう2歳半くらいまでの歯ぎしりは、心配する必要はありません。赤ちゃん自らが試行錯誤しながら成長している証拠なんだと思って見守ってあげてくださいね。

赤ちゃんの歯ぎしりが止まらない?!歯が欠ける・すり減るのも大丈夫?

赤ちゃんの乳歯が生え始める頃から乳歯が生えそろうまで赤ちゃんが歯ぎしりしても本能的な成長のためだから心配はないと言いましたが中には、歯が欠けたりすり減って真っ平らになったりする赤ちゃんもいるとか。ママはびっくりしてしまうでしょうがこちらもそれほど心配する必要はないそうです。

ただ、歯が欠けたことで口の中に傷ができるなど気になる場合は、歯科小児科で一度相談してみるのがいいでしょう。また、歯ぎしりが長く続くのでやっぱり気になる・・という方は歯固め噛むおもちゃを与えてみては?口に入れて感触を楽しんだり、噛む・噛み千切るといったことを赤ちゃんが試せるのでこの時期の赤ちゃんにはぴったりかもしれませんよ。

赤ちゃんは、だいたい1歳の前半くらいになると乳臼歯(にゅうきゅうし)と呼ばれる「奥歯」が生えてきます。この奥歯が生えてくると自然と歯ぎしりが治まる子も出てくるそうです。もちろん、乳歯が生えそろう位まで続く子もいますが、奥歯が生える1歳前半乳歯が生えそろう2歳半くらいを歯ぎしりの一応の区切りと考えていいでしょう。

では、この区切りの2歳半を過ぎてもなお歯ぎしりをしていたら?そんな時はどうしたらいいでしょう?その場合は、小児歯科を受診されるのをおすすめします。長い間の歯ぎしりによって大きく歯がすり減ったり歯神経などに炎症が起き、治療が必要になったりすることもあるからです。

また、ママの目から見て明らかに歯の並びが悪いという時も歯科医に相談してみるといいでしょう。場合によっては歯や顎の発達に影響がでかねません。2歳やそこらでは矯正などはできませんが将来の予測を立てることは可能なんだとか。また、多くの自治体では、1歳半検診歯科検診を行う所も多いと思うので、歯ぎしりやそれにまつわる心配などをその検診の際に相談してみてもいいかもしれませんよ。

いかがでしたか?赤ちゃんの歯ぎしり。成長の為に赤ちゃん自らが行う本能的な行動の一つとは驚きですよね!全国の赤ちゃんがこれからもすくすくと元気に育ちますよう皆さんのお役にたてる情報をたくさんお届けして、私も応援したいと思っています♪一緒にがんばりましょうね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す