赤ちゃんにおすすめの飲み物とその理由は?

赤ちゃんが大きくなってくると離乳食が始まり、おっぱいやミルク以外の水分の補給が少しずつ必要になってきますね。赤ちゃんはとても新陳代謝が活発なため、体重に換算すると大人の3倍もの汗をかくとも言われており、大人以上に水分補給が必要な身体。

ですが、おっぱいやミルク以外に何を飲ませたらいいのかな?そう思うママも多いかもしれません。何を隠そう、私も子どもの初めてのしゃっくりを止めてあげたくてお茶?お水?飲ませていいの?とうろたえまくった経験ありです。大人は日頃、何も気にせず、飲み物を選び、口にしていますがそれを赤ちゃんにあげていいのか?と聞かれると、自信を持って返事ができる新米ママ&パパは少ないのかもしれません。

ということで、今回は赤ちゃんにおすすめできる飲み物、逆に、おすすめできない飲み物その理由も含めてご紹介していきたいと思います!

赤ちゃんにおすすめの飲み物は?

赤ちゃんの水分補給に一番なのはもちろん母乳とミルク。それ以外にあげるとしたら何をあげたらいいでしょう?おすすめは、白湯麦茶ベビー飲料です。まず、カフェインやタンニンが含まれていない飲み物であること、赤ちゃんの体液の浸透圧に近いものであること。この2つがおすすめの目安です。

では、麦茶なら大人と同じものをあげてもいいでしょうか?それも、実は違うんです。月齢にもよりますが、まず、赤ちゃんに大人と同じものは白湯やベビー飲料以外、基本NG!だと、覚えておいてください。何故なら、大人と同じ飲み物は赤ちゃんの未熟な腎臓に負担をかけてしまうから!赤ちゃんに飲ませる時は赤ちゃんの腎臓に負担をかけないよう薄めるなどして、体液の浸透圧に近づけることが大切なのです。

麦茶は、薄めることに気をつければ赤ちゃんに与えるにはとてもいいものです!ピラジンという血液をさらさらにする成分も含まれているそうですし、カフェインもタンニンも含みません。もちろんベビー用の麦茶でもいいですし、無添加の麦茶を白湯などで2倍に薄めてあげれば、離乳食初期の頃から与えられます。濃さがどのくらいか知りたい時は一度、ベビー用麦茶の味見をしてみるのもいいかもしれませんね。

そして、白湯。白湯というのは、水を沸かしたもの。沸騰させることでカルキを抜き、口当たりも柔らかくなるとか。もちろん、人肌に冷ましてあげるようにしてくださいね。生水は雑菌などの心配があります。一度、沸騰したものをあげるようにしてください。

また、意外にもミネラルウォーターは赤ちゃんにはNG!その名の通り、ミネラル分が多いので大人にはいいのですが赤ちゃんの未熟な消化吸収能力には負担になる恐れがあります。

そして、ベビー飲料について。ベビー用品売り場に行けば実にたくさんの種類が並んでいることに気づくと思います。もちろん、カフェインなどの成分は入っておらず、浸透圧も考えられている商品です。手軽で便利ですしね!私も、お出かけ先や旅行などで重宝したものです。

ですが、いくつか注意が!まず、幼児用の野菜ジュースなど離乳食が始まってから・・というように、飲むのに適切な月齢が必要な商品が混じっている場合もあります。気を付けてください!

また、いくら赤ちゃんに飲ませてもOKだからといって甘い果汁が入ったものなどを摂り過ぎると、離乳食の薄い味付けに満足しなくなってくるということも。また、授乳前に水分を多く摂らせると飲みが悪くなることもあるとか。赤ちゃんの頃は、まずは母乳やミルクをしっかりと!白湯や薄めた麦茶などは補佐的な役割で与えるくらいに考えるのがいいかもしれません。

赤ちゃんにNGな飲み物は?

では、赤ちゃんにNGな飲み物、あまりおすすめできないものは具体的に何なのでしょう?まずは、カフェインやタンニンが含まれるものですね。その代表的なものが、

  • ウーロン茶
  • 緑茶・番茶・ほうじ茶(ベビー用はOK)
  • コーヒー
  • 紅茶

といったものです。緑茶のうち、番茶やほうじ茶はベビーでも大丈夫とされることもあるのですが、それは、カフェインが少ないため。番茶の場合、逆にタンニンは多めとなっています。ですから、飲ませたい時はカフェインなどが調整してあるベビー用のものが無難です。

また、糖分や浸透圧が高いもの、刺激が強いものも、同じく不向き。

  • 果汁100%ジュース
  • 乳酸菌飲料
  • 一般のイオン飲料(ベビー用はOK)
  • 炭酸飲料

など。果汁は、母乳やミルク以外の味に慣れさせるためとして、離乳食初期に与えることを推奨されることも多いですがその場合も、浸透圧のことを考え、薄めてあげるのが大切です。

また、近頃では、早い時期に果汁などを与えることがアレルギーの子供を増やす原因になるのではないかという指摘が注目されていて、アメリカでは、生後6ヶ月以内の赤ちゃんに果汁や野菜スープ、離乳食などを与えることが禁止となり、WHOでも同じく警告がされているようです。

日本では、昔、人工乳ができた当初、ビタミンCが十分に含まれなかったため、早い時期から果汁をとるように指導がされてきたと言われています。ですが、現在のミルクは充分にビタミンCが含まれているので実際は早くから果汁をとる必要はなくなったのですがその習慣だけが残っているようです。

また、一般向けのイオン飲料は浸透圧が高いので赤ちゃんにはこれまた不向き。風邪や発熱、下痢などでイオン飲料を飲ませるといいとお医者さんに言われた時も必ず、ベビー用のイオン飲料を与えるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す