赤ちゃんのニキビの治し方とは?跡が残らないようにするコツは?

赤ちゃんの代名詞とも言えるすべすべの肌!でも、このすべすべ肌の持ち主、赤ちゃんにもニキビができるという事、皆さん、ご存知でしたか?その名も、「新生児ニキビ」。生後2週間~3ヶ月くらいの赤ちゃんにできることが多いようです。生まれてすぐのかわいいわが子にニキビができたらショックですよね?え?ニキビ?!自分のお世話の仕方が悪いのかな?などと、不安に思ってしまうママも多いのではないでしょうか?

そこで、今回は赤ちゃんにできるニキビの原因とその治し方ケアの方法などについてお届けします!

赤ちゃんにニキビ!原因は何?!

大人のニキビは、毛穴に皮脂が詰まったり、アクネ菌が繁殖したりして起こるということは、皆さんよくご存知だと思います。ですが、赤ちゃんのニキビはそのほとんどの原因がママからお腹の中で貰ったホルモンによるものと考えられています。

このホルモンは、赤ちゃんの皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を促進させるという働きがあるのですが赤ちゃんの毛穴はこのホルモンに対応できるほどまだ発達しきれていないのです。そのため、皮脂や汚れといったものが毛穴に停滞してしまい、結果、ニキビができてしまうということなのです。

体内にあるホルモンが原因のため、肌が乾燥していてもできるのが特徴で、主に、ほっぺおでこにでき、広範囲に広がると頭皮にできることもあります。多くが、白か肌色赤い色をしており、中には化膿したり、中に白い芯があるものジュクジュクしたりするものも。

しかし、赤ちゃんがかゆがったり痛がったりしないということ、適切なケアをすれば、生後3ヶ月くらいでホルモンの影響が薄れ、自然と消えていくというのも新生児ニキビの特徴と言えます。

そして、ホルモン以外にもニキビの原因になるものがあります。それは、寝具などによる刺激や汚れ。お顔をひっかかないようにとしているミトンにもその原因があるかもしれません。ほとんどの時間をねんねで過ごす新生児期の赤ちゃんの中にはちょっとした汚れや刺激であっても過敏に反応してしまう子もいるそうで、それが新生児ニキビの原因につながることも。また、ミトンを舐めたり、くわえたりすることで、汚れを媒介することもありますのでこまめな交換が必要です。

赤ちゃんのニキビの治し方とは?跡が残らないようにするコツはある?

新生児ニキビはホルモンによって起こることがほとんどなので、ホルモンの影響が薄れる生後3ヶ月くらいから自然に消えていくと言われています。ですから、そう心配しなくても大丈夫!赤ちゃんは、新陳代謝が非常に活発なので、跡が残ったりすることもないそうです。

ですが、炎症がひどくなったり、万が一にも跡が残ったりしないよう、赤ちゃんの肌を清潔に保つことが大切になってきます!寝具や衣類などは柔らかく、刺激の少ないものを選び、ミトンをはめているなら清潔に保てるよう頻繁に替えてあげて。

で患部をひっかいたりしないよう丸く、短く切るのも大事です。髪の毛が多くて長い赤ちゃんで患部にかかるようなら髪を切ってあげた方がいいかもしれません。また、お風呂では石鹸をよく泡立て、優しくしっかりと洗ってあげましょう。きちんと洗い流すのも忘れずに!

頭皮の中にニキビができている場合はごしごしこすらずに自然とカサブタなどがはがれるのを待つのがいいでしょう。どうしても気になる場合は、白色ワセリンなどでふやかしてからシャンプーすると取れやすいそうです。そして、お風呂上りは柔らかいタオルで拭き、ベビーローションやクリーム、オイルなどで保湿するのも効果的だそうです。

また、赤ちゃんはとても汗っかき!汗をかいたら、日中でもこまめに衣類を替える、汗を拭くなどしてあげてください。赤ちゃんにニキビができるとアトピーかも!?と心配されるママも多いかもしれませんが新生児の頃にできる湿疹は新生児ニキビを含めていろいろな原因があり得ます。

またアトピーというのは、残念ながらなかなか短期間では他の乳児湿疹と判別がつきにくいんですよね。ただ、新生児ニキビとの違いはどこに表れているかということに注目してみたら判別できるかも・・うちの子もアトピーだったのでよくわかるのですがアトピーは、新生児ニキビと違い、顔やほっぺの他にも首、肘の内側、膝の裏など関節や皮膚の柔らかいところ、つまり、身体にも湿疹ができることが多いのです。また、かゆみや痛みを伴わない新生児ニキビと違って、アトピーはかゆがったりぐずって寝つきが悪くなったりということもあると思います。

いかがでしたか?赤ちゃんとニキビ。ホルモンのせいだとは意外ですね。ただし、肌を清潔に保ちケアをしてあげているのに一向に良くならない、もしくは悪化している・・というような場合は新生児ニキビではない可能性も!一度、小児科や皮膚科などで相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す