赤ちゃんのしゃっくりの原因と止め方を知っておこう!

ひっく、ひっく、ひっく・・赤ちゃんのしゃっくりが始まった時、え?赤ちゃんもしゃっくりするの?なんだか苦しそう・・でも、どうやって止めたらいいの?と、うろたえた記憶があります。デマだとは思いますが、しゃっくりがとまらないと死ぬらしいと、どこかで聞いたことがあったのでやっぱり心配でしたし、大人のように驚かせて止めるというわけにもいかないし・・

困って、母親にも聞いてみたのですがさあ?どうしてたっけねぇ・・お茶でも飲ませてみたら?と何とも頼りない返事・・お茶?!でも、赤ちゃんはまだ新生児だしお茶なんて飲ませられないよね?当時、私は完全母乳で他の物を与えたことがなかったのでどうしよう?どうしよう?と余計おろおろしてしまいました。おっぱいはあげたばかりなので飲んでくれないだろうし、そもそも新生児おっぱいやミルク以外に何か飲ませてもOKなのか・・?というのも不安でした。

結局は、お水なら飲ませても害はないのではないかと哺乳瓶で白湯をあげたところ、しゃっくりがとまったのを覚えています。今となれば、笑い話にもなるような取るに足らない出来事ですが当時の私は必死でした。

しゃっくり一つにしてみてもママ達は右往左往して手探りで育児していくんですよね。ママ達は本当に偉いと思います!と、少し話はそれましたが赤ちゃんはしゃっくりが出やすいと言われています。

では、何故、赤ちゃんはよくしゃっくりをしてしまうのでしょう?しゃっくりを止める必要はあるのでしょうか?止める方法は?今回は、赤ちゃんのしゃっくりについてお届けしていこうと思います!

赤ちゃんのしゃっくりの原因は何?

しゃっくりというのはどのように起こるか、皆さんご存知ですか?しゃっくりは、実は何らかの刺激によって横隔膜がけいれんして起こるものなのです。横隔膜は、胸腔と腹腔を隔てている肺の下にある筋肉で、この横隔膜がけいれんすると声帯の筋肉が収縮して、狭くなり、その狭くなった声帯に吐く息が勢いよく通って行くため、「ひっく」という音がなるのだそう。

そして、赤ちゃんにしゃっくりが多いのは、赤ちゃんの横隔膜がまだ成長途中であるため。ちょっとした刺激でも横隔膜がけいれんしてしまい、しゃっくりになってしまうんだとか。また、赤ちゃんは大人より心拍数が早いのでけいれんも早い間隔で起こり、それが苦しそうに見えるようです。実際はしゃっくりしながら笑えるなど、こちらが思うほど赤ちゃんは苦しがっていないとも言われています。

そして、赤ちゃんのしゃっくり、つまり横隔膜のけいれんを引き起こす原因の中でも、代表的なものが2つあります。1つは、授乳などによる胃腸等への刺激で、おっぱいやミルクをあげると胃や食道などが活発に動き始め、それが横隔膜を刺激してしまうということです。そして、もう1つがオムツなどが濡れているなどの体温の変化によるものだそう。オムツが濡れているだけでもしゃっくりが起こるなんて本当にちょっとしたことでしゃっくりは起こるものなんですね。

また、その他にはおっぱいやミルクを飲むときに一緒に空気を吸ってしまうことも一因となると指摘されています。これを防ぐにはミルクの哺乳瓶は45℃の角度に傾けるようにすること。また、授乳中にしゃっくりが起こることも少なくないそうですがそのまま飲ませ続けてOKです。

また、母乳で育てている場合、まれにママの食事などがアレルギーなどの原因になって、しゃっくりを引き起こすことがあると言われ、胃の疾患などの病気による可能性もまったくないというわけでもないようです。といっても、これらのことは赤ちゃんが毎日元気で過ごせていればしゃっくり=病気などの兆候と、考え過ぎる必要はないそう。ただし、しゃっくりと共によだれ吐き気などがあるような場合は、一度、受診することをおすすめします。

赤ちゃんのしゃっくり、止めるべき?

ささいな刺激でもしゃっくりにつながってしまう赤ちゃんですがこのしゃっくりは止めるべきなのでしょうか?これは、無理して止めなくてもいいというのが正解のようです。赤ちゃんのしゃっくりは自然な生理現象の一つで数時間たてば自然と治まるそうです。中には、2~3時間続くこともあるのだとか。

とはいっても、ひっく、ひっく、ひっく・・と赤ちゃんがしゃっくりをしている姿はやっぱり気になるものですよね。そこで、ここからは赤ちゃんのしゃっくりを止める方法をご紹介していきます。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方

まず、授乳などの刺激によって起きたと思われるしゃっくりの場合は、げっぷをさせるといいそうです。そして、授乳後のしゃっくりは誤飲の危険性もあるため、要注意!赤ちゃんの上半身を高くして背中を軽くトントンとたたくかさする姿勢を取らせます。ちょうどげっぷをさせる姿勢と同じですよね。

また、オムツが濡れていないかもチェックしてみましょう。オムツが冷たくてしゃっくりが出ている可能性もありますからね。また、一番簡単な止め方おっぱいやミルク、白湯や湯冷ましを飲ませる方法です。少し飲ませて、様子を見てあげて下さい。

他にも、38℃くらいのお湯で濡らしたタオルで横隔膜があるみぞおち辺りを温めるうつぶせに寝かせてみる、などもいいそうです。ただし、月齢が小さい時は特にうつぶせ寝危険です。必ず目を離さないでくださいね。

いかがでしたか?結構意外なしゃっくりの原因。これで、赤ちゃんへの対処の仕方もばっちりですね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す