赤ちゃんはなぜ奇声を上げるのか?いつまで続く?

赤ちゃんが、突然大きな声で「キー!」「ギャー!」などと奇声をあげている場面、皆さんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?そんな時、ああ、うるさい。迷惑・・しつけがなっていないなぁ・・こんなところで大声を出させて・・なんていう、冷たい批判の視線がバチバチとママやパパ達へ容赦なく向けられますよね。

ママ達もいつ赤ちゃんが奇声をあげるか、外出のたびに冷や冷やしたり、静かにしてくれない赤ちゃんについイライラしてしまったりしてしまいがちです。こんなに奇声をあげて私の育て方がいけないのかな?しつけがなっていないのかな?赤ちゃんに悪い所があるとか・・?ぐるぐると精神的に行き詰ってしまうママも少なくないと思います。

ですが、実はこの奇声、単に、しつけが悪いからとか育て方が悪いから起こるというものでもないんです。多くのママ達が「どうして?」と悩んでいる赤ちゃんの奇声。今回は、赤ちゃんは何故、奇声をあげるのか?そして、これはいつまで続くのか?それから、奇声に対する対応の仕方についてもご紹介していこうと思います!赤ちゃんの奇声で悩んでいる方は必見ですよ!

赤ちゃんは何故、奇声をあげる!?

赤ちゃんがどうして奇声をあげるようになるか?まずは、そこからみていきましょう。赤ちゃんは、生後3ヶ月くらいから声を出す練習をすると言われています。

また、生後5~6ヶ月くらいになると聴力が発達し、自分が発した声を認識できるようにもなってきます。そして、一般的に、赤ちゃんが奇声をあげ始めるのはこの時期が多く、それは、何故かというと赤ちゃんが自分の声を認識して声を出すこと、自分の声を聴くことが楽しく、「キー!」「キャー!」「ギャー!」などと声をあげて遊んでいるからだと一つには考えられています。

ですが、これは裏を返せば赤ちゃんの耳が聞こえているという証拠でもあり、順調な成長の証でもあるのです。また、このような奇声遊びなどがだんだんと言葉へ、そして会話へと発達していくことにも実は、つながっているのです。いわば、言葉を話す・会話するため、声を出す練習をしているところなのですね。

ただ、まだまだ慣れないためボリュームや声の出し方などがまちまちだったり自分でコントロールできなくて自分の大声に驚いてしまったり外出先で興奮して大きな声をだしてしまったり・・と失敗も多く繰り返します。こうやって失敗を繰り返しながらちょっとずつ成長していっているのです。

ですから、もっと大きくなり、自分の周りの状況などが認識できる1~2歳くらいになると今度は、何か伝えたいことがあるのに自分の言葉でうまく表現できないもどかしさなどから奇声を発する子もでてくるようになると言われています。この時期は、ちょうどイヤイヤ期にもあたっていますので物事がうまくいかなくてつい奇声をあげてしまう・・というケースも多いのではないかと思われますね。

赤ちゃんの奇声はいつまで続く?

では、赤ちゃんの奇声はいつまで続くのでしょうか?これは赤ちゃんの成長にもよるので一概には言えませんが成長するにつれて自然とその回数も減っていきます。声を出す練習や、言葉の練習が実を結び、自分で自分の声をコントロールできるようになり、ママやパパなど周りの大人がここで大声をあげちゃだめだよと根気強く教えていくことで周りの状況を理解できるようになり、会話が上手になれば奇声をあげなくとも自分の要求が周りに伝わるようになるからです。

このためには、周りの大人のサポートも大切になってきます。赤ちゃんの奇声が何を訴えているのか?眠くて不機嫌なのか?それとも、声を出して遊んでいるだけなのか?何か不安なことがあるのか?思い通りにいかないことがあるのか?構ってほしいのか?これらの原因によって対処の方法を変えていく必要があります。

赤ちゃんの奇声に対する対応の仕方は?

まず、赤ちゃんが声をあげて楽しくて遊んでいる時。これを判断するのは簡単です。赤ちゃんはご機嫌で、手足をばたつかせたり笑ったりすることもあります。ですが、ご機嫌なのはいいけれど静かにしてほしい時もありますよね。

そんな時は、「シー!」と唇に指をたて、真面目な顔で見つめてみてください。冷静な声と顔で「ダメだよ」と叱るのもいいと思います。もちろん、1回では治らないでしょう。ですが、小さなころから繰り返すことで、赤ちゃんも気づく時がやってきます。

赤ちゃんは何もわからないから教えても無駄では・・?と考える方もいるかもしれませんが私はそうは思いません。赤ちゃんは言葉を話せないだけで驚くほど、周りを観察していると思います。例えば、赤ちゃんが一旦、おしゃべりができるようになると、ママそっくりの口調で話したりすることはざらで、こんなとこまで見られていたの?とびっくりさせられるママは多いです。

それに、赤ちゃんでも命にかかわるようなことは相手が赤ちゃんだとしても繰り返し教えるでしょう?しつけもそれと同じではないでしょうか?騒いではいけない所では騒がない、静かにしようねと小さなころから教えることはとても大切だと思います。

もちろん、赤ちゃんはママの真面目な顔に一瞬は驚くでしょうが、その効果は長くは続かないでしょう。ですから、注意をしながら他のおもちゃを与えてみる、気分を変えるために抱っこをしたり外に連れ出してみたりするなども有効だと思います。

また、ママ達がきちんと注意をしている姿対応している姿を見せれば、周りの人の気持ちも治まりやすくなると思います。ただし、注意をするときに大声を出したり、強く叱ったりするのは、逆効果です。奇声をあげた⇒ママが騒いだ⇒奇声をあげればママの気が引ける と勘違いしてしまう可能性があるのです。注意は冷静に、根気よく!これが基本です。

また、機嫌が悪い、眠い、かまってほしいなどの時はだっこしてあげたり、寝かせてあげたりするのが一番効果的です。お昼寝していないからそろそろ眠いのかも?少し離れていたから寂しかったのかな?など原因を考えながら対処してあげるのがいいと思いますね。

また、初めての場所や人に会って不安になり、奇声をあげる子もいます。そんな時は、しっかりと抱っこして大丈夫だよと声をかけてあげましょう。時間はかかりますが回数を重ねたりママがリラックスしているところを見せたりすることで赤ちゃんの不安は和らぐと思います。

また、奇声をあげる口元に手を持っていき、アワワワワワと声を変化させるとびっくりして止むという方法もあるそうです。何かの時は試してみてもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す