赤ちゃんが抱っこを嫌がる場合は自閉症の可能性も?

赤ちゃんを抱っこしようとすると毎回、身体をのけぞらせたり大泣きしたり・・と抱っこされることや身体を触られることにつも強い拒否反応を示す。または、抱っこしても嬉しそうにニコニコ笑ったり、喜んだりしない・・こんなことが続くと親としては少し不安になりますよね。

実際、ネットでも「抱っこするとすごく嫌がるんですがうちの子は自閉症なんでしょうか?」という相談が寄せられているようです。事実、自閉症の赤ちゃんには抱っこを嫌がるという傾向がみられるそうですが、だからといって、抱っこを嫌がる=自閉症である、ということではありません。まだママやパパの抱っこが上手ではないのかもしれませんし、眠くて機嫌が悪いだけの時もあります。

では、どんな時に自閉症を疑った方がいいのか?自閉症の兆候が見られるとき、親としてはどうしたらいいのか?これらのことについて今回は、ご紹介していきます。

自閉症とは?赤ちゃんに見られる特徴は?

そもそも、自閉症とはどんなものなんでしょう?まずはそこから見ていきましょう。自閉症とは、先天性の発達障害の一つであり、その原因や発症の仕組みはまだ解明されていませんが、生まれつきの脳機能障害によるものではないかと考えられているようです。

また、その症状の程度も様々で、典型的な症状を持つ子どもは、1000人に2~6人、比較的軽い症状の子どもを合わせると100人に1人くらいはいるのではないかと言われているとか。おそらく皆さんが思うより多く存在し、身近な障害の一つであると言えると思います。

よく「自閉症」という名前などから精神的な病気だと思われがちですがそうではありません。ましてや母親の育て方のせいでも本人が怠けているという様なことでもないのです。あくまでも先天的な障害の一つです。自閉症は症状のあらわれ方も様々なようですがその根底には、

  • 対人交渉の問題
  • コミュニケーションの問題
  • イマジネーション障害

という3つの特異的なものがあると言われており、医学的にはこの3つがセットになって見られるときに自閉症と判断されるそうです。

また、この他にもよくみられる症状として

  • 多動
  • 感覚異常
  • 睡眠異常

などがあげられるそう。赤ちゃんに見られる具体的な特徴としては、

  • ママなどがあやしても嬉しそうにしない
  • 視線が合わない、目線を逸らす
  • お腹が減った・おむつが濡れている等の欲求を泣いて訴えることをしない
  • 後追いをしない
  • 一人にされても泣かない
  • 身体を触られたり、抱っこされたり
  • するのを嫌がる
  • 言葉の遅れやオウム返しがみられる
  • じっとしていられない(多動)
  • 強いこだわりがある

などです。泣いたり、後追いをしたりせず一人でも遊べるので赤ちゃんの頃を振り返ると「手がかからない子だった」という感想を述べるママも多いとか。もちろん、抱っこを嫌がるだけでは自閉症と決めつけられませんがこの中の症状が複数当てはまる場合は自閉症の疑いがあるかもしれません。注意が必要です。

自閉症かもしれない?そんな時、どうしたらいい?

もしかしたらわが子が自閉症かもしれない・・不安ですよね。こんな時はどうしたらいいでしょう?まずは、かかりつけの小児科、または保健所に相談してみてはいかがでしょう?

自閉症の疑いが強い場合、そこから、発達障害支援センターなどの専門的機関を紹介してもらえる可能性があります。また、発達障害支援センターなどの専門的機関には相談窓口などが設けられていると思います。直接、問い合わせてみるのもいいかもしれません。

ただし、知っておいていただきたいは、あまりに小さいと自閉症の診断がつきにくいということ。自閉症の症状は人それぞれなのではっきりと症状が出てくるまでは難しいのだそうです。ずっと言葉が出なかった子どもがある日、急に話し始めたり、いろんなものに興味を持ち、こだわるようになったり・・これが自閉症によるものなのか、それとも成長によるものなのか、3歳までは、専門家でも判断に困ることが多いとか。今は、1歳半くらいで診断がつく場合もあるそうですが3歳前後に診断がつくというのが多いようですね。

また、自治体で行われている1歳半検診でも自閉症の有無は見られていると思いますので気になる方は、この検診で相談されるのもいいでしょう。もし、自閉症の疑いがあると診断された時は、専門的な療育指導が受けられることがあります。

早くから専門的な治療や療育を受けることは赤ちゃんにとってもいいことですし、我が子の状態がどんなものなのかということを理解し、正しく自閉症という障害を認識することは赤ちゃんを育てる上でも不可欠です。

また、ママやパパにとっても赤ちゃんへの接し方を学ぶ機会にもなります。残念ながら、自閉症は、現在の所、その根本から治療、完治させることは不可能です。しかし、症状が緩和できる家族の負担を減らすことができるなど可能なことも多いのです。

もしかしたら・・?と悩んでいる方は是非、一度相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す