夏に赤ちゃんを出産する時の準備リスト

暑い、暑い!大人でも体調を崩しやすいこの時期ですから、夏生まれ赤ちゃんにはより気を使ってあげたいですね。しかし、この季節は外気温が高く、湿気が多いのに比べ、お店の中や室内はエアコンでキンキンに冷やされ・・と外気室内の激しい温度差があるところも珍しくありません。

でも、この気温差。まだ体温の調節を自分でコントロールできない赤ちゃんにはとってもつらいこと!周りの大人が衣類などで調節してあげる必要があるのです。そんな夏生まれの赤ちゃんが快適に暮らすことができるようにここでは出産準備品として揃える用品の中でも、特に衣類に的を絞ってご紹介していきます。

夏生まれの赤ちゃん!何を着て過ごすの?

一口に夏生まれと言っても初夏の6月~夏真っ盛りの8月までその天候や気温にはかなりの差がありますよね。例えば、6月生まれですと新生児期の0~2ヶ月は夏のみ7月生まれなら夏と初秋の9月までがその範囲で8月生まれなら真夏、初秋の9月に加え、秋の深まる10月までが範囲となるなど、揃える衣類も生まれ月によってだいぶ変わってくるのではないでしょうか?

このことを踏まえて、衣類を選んでみましょう!まず、基本の肌着から。赤ちゃんの肌着は、

  • 短肌着
  • 長肌着
  • コンビ肌着

この3つが基本となります。大人と違い、新陳代謝が活発で、汗かきの赤ちゃんには肌着はなくてはないもの。通常、他の季節は、短肌着+長肌着 or コンビ肌着という形で肌着を着せ、これらの上からウェアを着せますが、夏に重ね着不向き。暑すぎますよね!

室内ならば、夏生まれの赤ちゃんは肌着1枚でもOKなんです!そこで夏に大活躍するのがコンビ肌着です!コンビ肌着とは、股下にボタンがついており、あんよがばたばたと動くようになったときにはだけないよう股下を留めて、足が分かれる肌着のこと。

ねんねの時期にはおむつ替えがしやすいようにボタンを留めずにも使えます。色柄が豊富なので、お洋服のようにそのまま着せられるというのも特徴!夏生まれの赤ちゃんはこれ1枚で涼しく着ることができ、とっても重宝します!

枚数の目安は、汗をかきやすいので多めに6~7枚といったところでしょうか。サイズは、赤ちゃんの大きさにもよりますが、新生児サイズ50、ワンサイズ上の60くらいを取り混ぜてそろえるのをおすすめします。

ただ、夏でも雨が降るなどちょっと肌寒いかなと思う時もありますよね。そんな時は、コンビ肌着の中に短肌着を着せて調節します。短肌着とは打ちあわせのある短めの肌着のこと。汗をすいとる役目があり、長肌着やコンビ肌着の中に着せる肌着です。気温が少し低いなど、コンビ肌着1枚で寒いかな?という時は、こちらを中に着せるといいでしょう。半袖長袖だけでなくノースリーブ型もあるので生まれ月に合わせて、上手に揃えるといいですね。4~5枚ぐらいが目安です。

ちなみに、長肌着は短肌着の裾が長くなったもの。こちらはねんねの時期はいいのですがあんよがばたばたしてくるとどうしてもめくれ上がってしまうという欠点があります。役目としては、コンビ肌着同様なので今はコンビ肌着だけを用意する方も多いようです。

夏生まれの赤ちゃん!外出するときは?

春から初夏にかけては季節もいいので赤ちゃんをつれて外出することも多いかもしれません。そんな時、コンビ肌着だけでいいの?と思う方もいらっしゃるでしょう。街中でもコンビ肌着1枚の赤ちゃんをよく見ますが夏と言えば、お盆帰省で赤ちゃんを連れておじいちゃんおばあちゃんの所へという方もいらっしゃるでしょう。そんな時のためにも薄手のウェア1~2枚だけでも用意しておくと安心ですね。

ただし、コンビ肌着など肌着だけで過ごすことの多い夏生まれの赤ちゃん。せっかくウェアを用意しておいても結局ほとんど着せずに終わった・・というのは経済的ではありません。そこでおすすめなのが、ツーウェイオール。このツーウェイオールはコンビ肌着のように股下をボタンで留めて足先を分けることができ、ねんねの時期はドレス型で、あんよが活発に動き始めたら股下を分け、カバーオール型にして使うことができる2WAYタイプウェアです。

これだけでも便利なんですがこのウェアのいいところは長く着られるようにサイズ50~70になっている点!長く着られるのはお財布にも優しく、嬉しいですよね!生まれ月によって、薄手の長袖のものも揃えておくと気温が急に下がっても安心ですね。

また、お出かけの際にはベビーカーチャイルドシートを使用される方が多いと思います。そんな時に便利なのが、汗取りマットひんやりシートメッシュ生地コットンなど、涼しい素材で作られていて、汗かきの赤ちゃんのためにはぴったり!

中には、保冷剤を入れることができるものもあるなど夏生まれの赤ちゃんには便利に使えそうですね!ベビーカーやチャイルドシートが汚れるのも防げますし、洗い替え用に2枚ほどあるといいかもしれません。

また、おむつ替えの時に下に敷いたり、寝てしまった赤ちゃんにエアコンの風が当たりすぎないよう上から掛けたりできる薄手のアフガンもあるといろいろなところで使えて便利だと思います。

赤ちゃんを楽に抱くにはnapnapの抱っこひもがおすすめ!

夏に限らずどの季節でも、赤ちゃんを楽に抱くにはやはり、抱っこひもは欠かせません。抱っこひもはたくさんありますが、整体師、ママ、保育士が作った「napnapベビーキャリー」がおすすめです!ベーシックな色を中心としたカラーバリエーションとなっているため、お出かけの際に服と合わせやすいのは一つ嬉しいポイントです!

また、綿100%なので、丸洗いOK!「洗うのが楽」は色々と忙しいママさんにはかなり重要ですよね。そして、何よりも嬉しいのが、赤ちゃんを楽に抱けること!肩ベルトだけでなく、腰にもベルトを巻くことで赤ちゃんの体重を足へ分散してくれます。肩や腰にかかる負担を約90%も軽減するので、長時間抱っこしていても疲れません。

ママになってから気付きますが、赤ちゃんを抱っこする機会ってめちゃくちゃありますよね。外にお出かけする時はもちろん、家でも抱っこしますよね。その時に抱っこひもは安全性の面から必須と言えるアイテムです。そして抱っこするのは疲れます。重労働です。少しでも負担を減らすために、抱っこひもの「napnapベビーキャリー」は欠かせませんよ!

napnapベビーキャリーの詳細はこちら!

まとめ

以上、夏生まれの赤ちゃんが快適に過ごせるようまとめてみましたがいかがでしたか?暑いを上手に乗り切ってくださいね!

⇒年間を通して赤ちゃんの出産準備に必要なもの

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す