赤ちゃんが布団を蹴る時の対策は?嫌がる理由は何?

朝晩が寒くなり、気になってくるのが夜中に赤ちゃんがお布団蹴っ飛ばしてしまうこと。こういう悩みを抱えておられるママも多いのではないでしょうか?でも、どうして赤ちゃんはお布団を蹴飛ばしてしまうのでしょうか?

赤ちゃんがお布団を嫌がる理由と、この季節に心配な寝冷え風邪から赤ちゃんを守るためにもお布団を蹴る時の対策についてご紹介していきましょう。

赤ちゃんがお布団を蹴ってしまう!?その理由とは?

赤ちゃんがお布団を蹴ってしまうこと、これは、どのお家でも多かれ少なかれ起こることです。うちの子も、赤ちゃんの頃から比較的寝相のいい子でしたが、それでも夜中にお布団を蹴ってしまい、私がかけ直したことは数え切れず。夜中に1回転・・なんてこともいまだにありますよ。

ですが、大きくなった子どもと違い、赤ちゃんが心配なのは寒くなった時に自分でお布団が掛けられないこと。これですよね。では、どうして赤ちゃんはお布団を蹴ってしまうのでしょう?それは、実は、「暑いから」なんです。赤ちゃんは、新陳代謝がとても活発で、大人の2倍以上の汗をかく程の暑がり。また、体温調節機能が未熟なため、周りの室温などの影響をもろに受けやすいという特徴があります。

つまり、大人以上にお布団や室温などの環境に左右されやすいということ。ママやパパが良かれと思って掛けてあげたお布団で一旦暖まってしまうと、その影響で、体温が上昇しても自分でお布団を外すことができず、暑さのあまり蹴ってしまう・・ということなのです。

また、赤ちゃんは寒い暑いを口で言うことは出来ませんが本当に寒い時は身体を縮めて泣くそうです。泣くことで身体も暖まりますからね。しかし、一方で、暑すぎる時はその意思表示がうまく出せないとも言われており、そのことが「乳児突然死症候群(SIDS)」を引き起こす要因の一つではないかと言われているほど。

着せ過ぎ暖め過ぎはあまりよくありません。赤ちゃんがお布団を蹴ってくれるならそれは「暑い!」と言ってくれているサインだと思って対処してあげることが大切です!

赤ちゃんがお布団を蹴る!その対策は?

赤ちゃんがお布団を蹴ってしまうのは寒くて、ついお布団などを掛けすぎてしまうや、室温自体が暑いにやはり増える傾向にあるようですが、蹴る子は、春でも秋でも蹴ります!それで一年中悩んでいるママも多いようです。ここからは、その対策についてご紹介していきましょう。

まず、寝る時の服装から。赤ちゃんは暑がり&汗かき。服装は、生後2か月までは大人と同じ、それ以降は、大人より1枚少なめで大丈夫です。大人がスウェットの長袖を着ているならば、赤ちゃんは薄手の長袖・・というように大人だとちょっと寒いかな?というぐらいを目安にしましょう。

これは、上から掛けてあげるお布団も同様です。例えば、大人が、毛布+お布団なら、赤ちゃんはお布団のみ、大人が薄い掛布団なら赤ちゃんはタオルケット・・などいつでも大人より1枚ほど軽めに、というのが基本です。

赤ちゃんがお布団を蹴ってしまう時はまず、夜寝る時の服装お布団を軽めにしてみること。これが対策1です。ママの枕元に薄手の毛布などを置いておいて、夜中に様子を見ながら掛けてあげるというのもいいですね。

しかし、いくら気を配ってあげてもやっぱりお布団を蹴る・・という強者の赤ちゃんもいます。特に冬などは、寝冷え風邪が気になるところでもありますよね。そういう時に心強い味方が、対策2スリーパー」です。これは、ベストの裾が長くなったような形をしていて赤ちゃんに着せたまま寝かせられるという便利な物です。

生地も、薄手の物からフリースなどの暖かいものまで揃っていて、用途に合わせて選ぶことができ、赤ちゃんがお布団を蹴飛ばすのを悩むママに圧倒的な支持を誇っています!私も使っていましたが、本当に便利!お風呂上りの湯冷め防止に着せたり、夜、授乳しながら寝かせる時に着せておいて、そのまま寝かせたり本当に長いこと活用しました。

裾が長いので、寝かせてもお腹や足がはだけてしまうことがなく、お布団を蹴ったとしてもスリーパーがあれば毛布替わりくらいにはなります。ただ、寝入りばなは赤ちゃんの体温が上昇し、身体が暑くなるため、パジャマ+スリーパーでは赤ちゃんにとっては暑すぎることも。そういう時は眠ってしまってから着せるといいと思います。赤ちゃんは眠くなると体温が上昇し、身体が暑くなりますが、眠ってしまうと今度は体温が少し低下し、身体(胴体)は暖かいですが、手足が冷えてきます。

特に暑がりの赤ちゃんにはこの時を見計らってスリーパーを着せるなどの工夫をされてもいいかもしれません。その場合は、あらかじめ赤ちゃんの眠る場所にスリーパーを広げておき、そこに寝かせるようにすると眠った後にスムーズに着せられますね。

また、眠る時に使用するなら生地は汗の吸収が良く、肌触りもいい「綿(コットン)」がおすすめ。フリースなども暖かくていいのですが眠る時に限って言えば、赤ちゃんには暑すぎることも多いかと思います。

また、室温なども要注意。赤ちゃんにとっての快適な温度は18~24℃と言われているそう。冬などは大人にとって少し肌寒いくらいの温度でしょうか。冬などはエアコンをつけたまま眠るご家庭もあるかもしれませんが暖めすぎは、またお布団を蹴飛ばしてしまう原因になりますから気をつけましょう。

【一緒に読みたい記事】
赤ちゃんとの添い寝!ベッドと布団のそれぞれの危険性や注意点は?

いかがでしたか?赤ちゃんのお布団の蹴飛ばし。風邪をひいたりしないかとヒヤヒヤしますよね。赤ちゃんの特徴を良く知ってうまく対処して上げられるといいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す