新幹線での赤ちゃんとの過ごし方!持ち物や迷惑をかけないための注意点は?

赤ちゃんが産まれてから初めての帰省。かわいい孫の顔を見たいと心待ちにしているおじいちゃんやおばあちゃんのためにもやっぱり帰りたいものですよね。そこで、今回は帰省のときに皆さんがよく利用するであろう「新幹線」にスポットをあてて、赤ちゃんと新幹線に乗るとき迷惑をかけない過ごし方についてご紹介したいと思います。是非、旅行や今年の帰省などにお役立てくださいね!

赤ちゃんと新幹線!おすすめの席は?

赤ちゃんと新幹線に乗る・・授乳おむつ替えは?もし、車内で泣いてしまったら?考えると心配はつきないものですが周りの方に迷惑をかけないようにするにはできるだけ、事前に準備対策を立てていくこと!これが、ポイントになってきます。

中でも、赤ちゃん連れが快適に過ごせる座席の確保!これが一番、重要と言っても過言ではありません!ここで、おすすめなのが少々お高くはなりますが、自由席ではなく、指定席。なぜなら、

  • ベビーカーなど荷物が多い
  • 授乳やおむつ替えをしたい
  • 泣いたとき、すぐデッキに出たい

こんな時に便利な席があるからです。狙い目は、「多目的室」のある号車の前後車両の座席。「多目的室」とは、もともと病人などが出た時などに使用される小さな個室です。予約することはできませんが、ベッドに変化する特別な座席が置いてあり、赤ちゃん連れは授乳おむつ替えなどで使用することができる便利な小部屋なんです。

ただし、この「多目的室」は通常は鍵がかかっているので車掌さんなどに開けて貰わなくてはいけません。タイミングよく車掌さんがつかまるとは限らないので余裕を持って声をかけるようにしましょう。また、「多目的室」が何号車にあるか、車両によって違います。ご自分が利用したい新幹線では「多目的室」が何号車にあるかまずは確認してみましょう。

また、多目的室近くのトイレはその多くが他の所よりゆったりめでおむつ替えシートが設置されていると言われています。ちょっと覚えておくといいかもしれませんね。

そして、「多目的室」を確認できたらその前後車両の指定席を予約します。時間は、通勤などを避け、9時過ぎ~15時ぐらいの乗客が少なくなる時間帯が気兼ねも少なくておすすめです。土日祝日よりも平日などが乗客もより少ないと思われます。

座席は、最前列か、最後尾の座席が便利!どちらもスペースがあり、デッキに出やすい利点があり、「多目的室」の利用も考えるなら、「多目的室」の前の号車最後尾、もしくは、次の号車最前列が一番の狙い目です。

最前列の座席は、通常の席より前にスペースのゆとりがあり、荷物の多い赤ちゃん連れにはとても便利となっていて、最後尾の座席は、座席の後ろに荷物を置けるスペースがあるので畳んだベビーカーを置くことも可能になっています。また、車両によっては最後尾だけ3列シートが2列になっていることも。そこが取れれば、3列目の部分にベビーカーを畳まずに置くこともできるとか。

また、旅慣れてくると母一人・子一人でも何とかなりますが始めのうちはベビーカーなど多い荷物を持ってもらったり、泣いた時にあやす交代要員になってもらったりなどもう一人大人、パパがいると本当に助かります。それに、3列シートではなくパパママ2列シートを予約すれば隣の方に気兼ねすることもないので精神的にもずいぶん楽です。

また、赤ちゃんがぐずったりして泣きやまない時、おむつ替えに行きたいなど席を立ちたいことがよくあります。特に、ママだけで赤ちゃんを連れて新幹線に乗る時は、さっと立てるよう通路側の席がおすすめです。ただ、「多目的室」に近い号車や座席などは大変人気があります。新幹線の指定席の予約は乗車する日の1ヶ月前からできます。人気の席はすぐに埋まってしまいますので、予約は早目に取りましょう!

赤ちゃんと新幹線!持ち物は?

赤ちゃんと新幹線に乗る時に是非持っていきたいのがアフガンケープ、それから、スリング抱っこひもです。これらがあれば赤ちゃんをしっかりと抱いてしかも、胸元を覆いながら、座席で授乳ができるのでおすすめです。

私も座席に着いたらいつもすぐに授乳していました。そうすると、だいたいそのまま寝てくれます。新幹線に乗っている間中眠っていてくれるのが少々重たい(そして暑い)ですが一番、楽ちんな方法です。あとは、赤ちゃんがぐずったときの飲み物おやつ

音がうるさくないおもちゃも必須です。周りの方の迷惑とならない為には赤ちゃんに静かにしていて貰う!これが一番ですからね。ご機嫌が悪くなったらおやつや飲み物で気を紛らわせるおもちゃであやす、などは常套手段となります。もちろん、音がうるさいおもちゃなどはNGです。

これらをすべて使っても赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりするようなら潔くデッキに立ちましょう。ちょっと周りの風景が変わるだけで泣き止むこともあります。また、新幹線でも耳がキーンとなって何だか違和感があることがありますよね。赤ちゃんも同様に不快に感じているかもしれません。機嫌が悪い時は、授乳したり飲み物を飲ませたりしてみると治る場合もありますよ。

赤ちゃんと新幹線!その他の注意点は?

赤ちゃんと新幹線に乗る場合、他の乗客に迷惑をかけないかが一番の心配の種ですが、座席の予約や持ち物で対策を立てた上で出来ることが他にもあるかどうか、考えてみましょう。例えば、グリーン車。座席が広く、赤ちゃん連れにも良さそうです。ただ、周りは通常よりも高いお金を払って乗っている乗客ですので赤ちゃんがぐずった時などの視線は他の号車よりも冷たいかも・・私は勇気が出ず、使えませんでした。

他には、コンパートメント席、つまり個室を利用するという方法もあります。これはひかりレールスターなど一部の車両でしか採用されていないそうですが大人が3人以上いれば通常の指定席特急料金と同じ金額で利用することが可能なのだとか。

個室なら気兼ねもいらないですよね。ご自分の利用する新幹線にそういう席がないかどうか、事前に問い合わせてもいいかもしれません。またネット予約ではなく窓口などに、「赤ちゃん連れで乗るにはどの時間帯のどの席がおすすめか?」と直接尋ねてみるのもいい手だと思います。

いかがでしたか?座席をしっかり確保して準備を整えておけば赤ちゃんと新幹線に乗るのも何とかなるものです!用意が万全なら何かあっても対処できると心に余裕も生まれると思います。ここでの情報を活用して赤ちゃんと一緒に新幹線の旅を楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す