赤ちゃんの冬のお散歩!おすすめの時間帯や服装は?頻度は毎日は多すぎ?

は、寒くて空気も乾燥し、風邪インフルエンザなんかも大いに流行る時期・・冬の外出に悩んでいるママも多いのではないでしょうか?そこで、今回は赤ちゃんの冬のお散歩についてまとめてみました。

とかくお家にこもってウツウツとなりがちなこの季節。実は、冬の赤ちゃんのお散歩はいいこともいっぱいあるのです!ここでは、赤ちゃんの冬のお散歩についておすすめの時間帯服装などたっぷりご紹介します。是非、赤ちゃんと一緒に楽しんでみてください!

寒いだけじゃない!赤ちゃんの冬のお散歩!

今でこそ丈夫になりましたが小さな頃、うちの子はとにかく風邪を引きやすい子でした。ですから、ショッピングモールなど人が多い場所や予防接種に行った先の病院でも風邪とかうつされないかな・・と心配がいつも先に立って、冬の外出を心からは楽しめていなかったように思います。

ですが、毎日お家の中にいたら赤ちゃんもでしょうがママである自分も気持ち塞がってくる気がしませんか?こんな時は、思い切って外へ出てみるのもいいですよ!といっても、大げさにどこかに行くのではありません。赤ちゃんと一緒にお家の周りをぐるっと回ってくるだけでも気分転換になります!

そして、ママの気分転換だけでなく冬のお散歩には赤ちゃんにもいいことが実は、いっぱいあるのです。まず、外気を吸うことで赤ちゃんは呼吸器官が鍛えられると言われています。そして適度な日光浴は赤ちゃんの健やかな成長には欠かせないものです。また、冬のお家の中と外でのはっきりとした気温の違い体温調節機能の発達を促すことができるでしょう。

その他にも、ママが季節の移ろいを肌で感じるように赤ちゃんも冬の景色身体全体で感じているはずですし、お散歩に適した時間帯が冬は長くないのでご近所の赤ちゃん連れに会うチャンスも高くなります。私もお散歩中にお友達ができた一人です。この時期にできたママ友は育児のちょっとした悩みをお互い相談できて、本当に助かりました。

また、お散歩に行くことで赤ちゃんにも昼と夜の区別がはっきりとわかり、いろんな景色を見たり、感じたり、触ったりすることで感受性も豊かになるでしょう。生活にメリハリができることも考えられますね。冬のお散歩は寒いだけじゃなく、赤ちゃんとママにとってたくさんいいことがありますね。

赤ちゃんの冬のお散歩!その頻度とおすすめ時間帯は?

では、冬の赤ちゃんのお散歩。毎日行かなければいけないのでしょうか?もちろん、そんなことはありません。赤ちゃんやママの体調、地域によってはが降ったりとても気温が下がったりすることもあるでしょう。雨が降ることもありますよね。

そんな時は無理して行く必要はないと思います。無理をして風邪でも引くよりは体調がいい時に、是非、楽しんで行ってみてください!ゆっくりとご近所をベビーカーを押して歩いてもいいですし、つかまり立ちや歩けるような赤ちゃんならば公園などで遊んでもいいですよね。

うちの子も落ち葉をカサカサさせては喜び、階段を上っては降りて・・を繰り返してはキャッキャッと声をあげて楽しんでいました。何でもないようなところでも赤ちゃんにとっては珍しく楽しいもの。育児は毎日大変ですがわが子の楽しそうな様子を見ると本当に気が晴れますよね!

ただし、冬の暖かい時間帯はあまり長くなく、15時以降はぐっと気温が下がり冷えてきます。お昼をはさんで前後3時間くらい、9時~15時位が冬のお散歩にはおすすめです。

また、赤ちゃんはまだまだ体温調節がうまくありませんから楽しいからといって長時間の冬のお散歩はNG!長めの外出は、体温調節がある程度できてくる生後6ヶ月ぐらいを目安とし、最初は10分など短い時間から始め、徐々に時間を長くしていきましょう。

また、ご機嫌が良くても赤ちゃんの様子はこまめにチェック。2時間を目安に一旦はお家へ帰るというのが一般的なようです。ママも赤ちゃんも無理をしない・させないことが大切ですね。

赤ちゃんの冬のお散歩!服装は?お役立ちグッズは?

お散歩に限らず、冬の外出の最大の敵は身体が冷えてしまうこと!赤ちゃんはもちろんですがママも冷えないように気を付けてくださいね。暖かい時間帯ではあっても防寒対策は忘れずに!

赤ちゃんの服装は、室内の服装に厚手のカバーオール靴下帽子などをプラス。または、足まですっぽりと覆うタイプのジャンプスーツなどもいいですね。気温や寒さの程度によって使い分けるのもいいと思います。フードつきなら帽子はなくともOK。

そして、ベビーカーならこの服装にブランケットアフガンなどもプラスしましょう。だっこなら赤ちゃんとママが密着できるので暖かいのですがベビーカーはやはり足元が特に冷えると思います。ブランケットやアフガンがずれて落ちてこないようにベビーカー用クリップで挟むとバッチリです。

また、近年はフットマフという赤ちゃんの足元から腰までもしくは顔先までしっかりと覆うことのできる寝袋のようなものも人気です。ベビーカーに取り付けることができ、中には、ダウンが入ったものもあるなど、保温性が高いので寒い日のお散歩にも便利です!

また、お散歩から帰ったら風邪をひかないように大人はうがい手洗いを念入りに。赤ちゃんはうがいができないので水分をとらせて、うがいの代わりに。暖かく濡らしたタオルなどで手首まで丁寧に拭いて雑菌やウィルスなどを持ち込まないようにしましょう。

いかがでしたか?の赤ちゃんのお散歩、外は寒いですが赤ちゃんにとっては初めての冬。是非、一緒に楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す