赤ちゃんの冬のお風呂!適切な温度と時間帯は?泣くときはどうする?

赤ちゃんのお風呂、いつもパパがいてくれればお風呂から赤ちゃんを渡して自分はゆっくり・・ということも可能でしょうがなかなかそうはいかないですよね。特に、寒くなってくるとバスタオル1枚震えながら赤ちゃんの着替えなどをさせているママも多いのでは?

また、気温が低くなると温かい湯温との差にびっくりして泣き出してしまう赤ちゃんも多いなど、赤ちゃんの冬のお風呂は実は手ごわいものです!ですから、今回は、赤ちゃんの冬のお風呂について世の中のママ達の手助けとなるよう、お役立ち情報をまとめてご紹介していきます!

赤ちゃんの冬のお風呂!そのコツは?

赤ちゃんの冬のお風呂、ちょっとしたコツで実はもっと快適に乗り切れることも。ここからは、Q&A方式でネットなどでもよく寄せられている質問に答えながらそのコツを見てきましょう!

●お風呂は毎日入れる?
実は、私もこの記事を書くまで考えもしなかったのですが赤ちゃんのお風呂って毎日入れなければならないの?疑問に思っている方が世の中に結構いらっしゃるようです。特に、冬は汗もあまりかかないし、それほど必要ないんじゃ・・?というわけですね。

一見、冬の赤ちゃんは汗をかいておらず、汚れていないから大丈夫のように見えますよね。ですが、赤ちゃんはとても新陳代謝が活発!毎日、すごい勢いで成長しています。また、パッと見、汗をかいていないように見えても実は背中おしり首筋関節など見えないところに汗をかいている可能性は高いのです。また、前回の記事でもお話ししましたが落としきれていない汚れなどが湿疹のもとになることも。基本、赤ちゃんのお風呂は毎日必要だと思います。

ただし、ママの体調が思わしくなく、パパの助けも期待できないような、そういう時は誰しもありますよね?そんなときは、あたたかく濡らしたタオルなどで赤ちゃんの身体を拭いてあげるだけでもOK!あたたかいお湯でタオルを濡らしてもいいですし、水で濡らしたタオルをレンジで暖めれば、蒸しタオルも簡単に作れます。

それもできないぐらいの時は思い切ってお風呂はお休み!ママの体調回復が一番です!翌朝、出勤する前にパパにお風呂に入れてもらうこともいざとなれば可能なんですから!

●お風呂の時間帯は?
また、お風呂の時間帯もこだわらなくてOK!よく、生活のリズムをつけてあげるために決まった時間に入れましょうと言われますが、実際に子育てしているとさてお風呂に・・と思ったら赤ちゃんが寝ていたり機嫌が悪かったりというのはよくあること。

そんな赤ちゃんを無理やりお風呂に入れてお風呂嫌いにさせるより赤ちゃんも機嫌がよく、ママの手も空いている余裕のある時間帯にさっと入れてあげるのがおすすめ。冬なら暖かい日中も湯上りも寒くなくていいですね。

大きくなってくるとちゃんと一人で座ってくれたりおもちゃで遊んでくれたりといつか、お風呂に入れるのが楽になる時期が必ずやってきます。そこから生活のリズムをつけても決して遅くはありません!

●お風呂の適温は?
寒いと大人はどうしても湯温を上げてしまいがちですがいきなり熱いお湯に入れられたら赤ちゃんはびっくりしてしまいます。冬なら40℃くらいの設定がおすすめ。赤ちゃんが落ち着いてきたら追い炊きなどで湯温を上げるといいでしょう。

また、あらかじめお部屋脱衣所お風呂場などを暖めておくのもポイントです。ヒヤッとすると赤ちゃんは泣いてしまう事が多いですし、何より上がった後の湯冷め防止にもなりますよ。赤ちゃんをお風呂から上げた後は拭いて着替えとなりますがそこでもあらかじめ洋服などを袖を通すだけにセットしておくこと。これも大事です!

また、赤ちゃんのお世話で自分の身体さえ満足に拭けないのがママです。こんな時は、バスローブが便利!お風呂上りにさっとはおればタオル1枚で震えることもありませんよ!

赤ちゃんの冬のお風呂!泣いてしまう時は?

赤ちゃんをお風呂に入れる時に一番つらいのが泣かれてしまうこと。泣いてしまうと身体も洗いにくいし、ママもどっと疲れるし・・でいいことは一つもありませんよね。でも、うちの子もそうでしたが赤ちゃんがお風呂嫌いになることは結構あると思います。

そんな時は、赤ちゃんがどんなところで嫌がって泣くか考えてみてください。可能性があるところは一つ一つ改善していきましょう!まずは、前述もしましたが熱過ぎる湯温。これはNGです。

加えて、服を脱いだ時にお部屋や脱衣所があまりに寒いのや、お風呂場が冷え冷えするのも赤ちゃんにとってはびっくりしてしまうことでしょう。また、いきなり冷たいお風呂用のベビーチェアなどに座らされてもびくっとなると思います。あらかじめお湯で温めておくなど一工夫を。

また、横抱きを嫌がるようなら首がすわっていれば、膝の上に向かい合わせに座らせる形もおすすめ。また、リクライニングできるベビーチェアなら倒したまま両手で素早く洗えるので便利です。他には、シャンプーを嫌がる赤ちゃんはシャンプーハットもいいですよ。うちの子も愛用していました。

また、うまくお座りができないうちは浴室のドアのそばや脱衣所に赤ちゃんを置いて時々声を掛けながらママだけ先に手早く洗っちゃうというスタイルはよくありますがたいてい泣いちゃいますよね?それでも洗い終わったママに会えたらにっこり・・となればいいのですがそのままいつも泣き通し・・ということも。

そういうことが続く場合は赤ちゃんが寝ている時などの別の時間に、ママはお風呂に入っちゃいましょう。そうすれば、赤ちゃんの入浴だけですみますしそこまでしなくとも、時間がある時にママがシャンプーだけでも済ませておくと赤ちゃんとゆっくり入浴できてうんと楽になると思いますよ。

また、泡立てる必要のない泡状で出てくるベビー用せっけんも便利でおすすめです。とにかく時間がないというママには、リンスインシャンプーなどで時間短縮を狙うのもいいですね。他には、お風呂用のおもちゃも役に立ちます!日中遊んでいる物ではなくお風呂専用のものがあると「○○で遊ぼうねー!」と気持ちを盛り上げることもできますし、泣いてしまった時にも効果があります。

ただし、何をしても泣いて泣いて赤ちゃんが泣き止まない時、誰でも必ずあります。そんな時は仕方がありません!皆が通る道だと思って腹をくくってしまいましょう!お風呂の気持ち良さがわかればいつかニコニコしてお風呂に入る時がやってきますよ。そう思いましょう!うちもそうやって乗り切りました!

いかがでしたか?赤ちゃんの冬のお風呂、何か参考になることがありましたでしょうか?皆さんの手助けの一つになれば幸いです!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す