赤ちゃんのインフルエンザの予防接種の効果は?料金や時期などの基本情報も!

寒くなってくると赤ちゃんのいるご家庭で気になってくるのが風邪インフルエンザの流行ではないでしょうか?特にインフルエンザは大人にとってもつらい病気。

乳幼児などが重症化すると脳症などの合併症を引き起こすこともあると言われていますので小さな赤ちゃんこそその危険性から守ってあげたいですよね。そこで、今回はインフルエンザから赤ちゃんを守るための方法の一つ、インフルエンザの予防接種についてご紹介していきたいと思います。

インフルエンザの予防接種!本当に必要なの?

インフルエンザの予防接種、こんなに小さな赤ちゃんに本当に必要なの?そもそも打っても大丈夫なの?と心配なママも多いのではないでしょうか?そこで、まずは赤ちゃんにとってインフルエンザの予防接種が必要なのかどうか、その効果なども交えながらご紹介していきましょう。

●ワクチン、その効果は?
何事にもメリットとデメリットの両方が存在するようにインフルエンザワクチンにもメリットデメリットがあると言われています。メリットとしては、ワクチンを接種すればインフルエンザにかかる確率を下げることができ、また、かかったとしても軽症で済むことが多く、インフルエンザ脳症などの重症化が防げると言われています。

しかし、その一方でデメリットとしてワクチンによる副反応=副作用も心配されます。軽いものは接種部の腫れや痛み、発熱や倦怠感などですが、まれに、アナフィラキシー症候群や急性散在性脳脊髄炎、ギランバレー症候群などの重篤な副作用を引き起こすことも。また、任意の接種となるので費用は全額自己負担です。そして、皆さんがご存知の通り、ワクチンを打ったとしてもかかる可能性が0%にはならないというのも、悩みどころの一つですよね。

●ワクチンは必要?必要ない?
一般に、赤ちゃんは生後6ヶ月頃まではママから受け継いだ免疫力をある程度持っていると言われています。インフルエンザの予防接種も、この生まれながらの免疫力が低下してくる生後6か月以降から受けることができます。

ただ、6ヶ月~1歳頃まではワクチンを接種しても免疫=抗体がつく確率があまり高くないことから医師よっては1歳前のインフルエンザの予防接種を勧めないところも少なくないそうです。

しかし、保育園など集団で過ごす時間が多い赤ちゃんはお家で過ごす赤ちゃんに比べ、インフルエンザにかかる可能性がぐんと高くなります。体力や抵抗力の低い乳幼児やお年寄りがインフルエンザにかかった時のリスクと考え合わせると、集団生活をする赤ちゃんは一考する余地があると思います。

一方で、お家で赤ちゃんをお世話できるご家庭ではインフルエンザシーズンは外出を控えめにする、外から持ち込まないように家族がうがいや手洗いを徹底する、赤ちゃん以外の家族がインフルエンザの予防接種を受けるといったような手段で赤ちゃんを守ることもできます。

ご家庭よって生育環境もそれぞれ違うようにワクチンの接種もメリットデメリットを両方知った上で、ご家族に合った選択をすることが大切ですね。

インフルエンザの予防接種!知っておくべき基本情報

続いては、赤ちゃんのインフルエンザの予防接種について知っておくべき基本情報をご紹介していきます。

●接種する時期と間隔は?
インフルエンザの予防接種は、生後6ヶ月~12歳までの間、2回接種する必要があります。そして、1回目の接種から2回目までは2~4週間間隔をあけなければならず、その間隔は4週間前後が最もいいと言われています。

また、接種を終えたからといってすぐに抗体がつくわけではなく、2回目の接種を終えて、2週間~4週間程度で抗体がつくられるそう。よって、インフルエンザが流行する12月くらいに間に合わせるには10月中に1回目を接種11月中に2回目を接種するのがベストだと思います。

冬には風邪も流行するので赤ちゃんの予防接種が予定通り出来るとは限りません。また、他の予防接種のスケジュールとの兼ね合いもありますよね。赤ちゃんの月齢などによって優先すべき予防接種が違いますから、疑問がある時は医師に相談してみてください。

●料金は?
インフルエンザワクチンは健康保険が適用されず、原則的に全額が自己負担です。そのため、実は、病院によって値段が違うのです。一般的な値段は2回接種が必要な子ども用だと1回2000円~4000円といったところ。

大人3000円~4000円が多いと思います。だいぶ値段に開きがありますよね。ご家族全員で受ける場合などトータルすると結構値段がかかります!接種をお考えの方は一度、ご近所のいろいろな病院に電話などで値段を尋ねてみては?

●卵アレルギー!接種に注意!
インフルエンザワクチンは製造の過程で鶏卵が使用されているため卵アレルギーがある赤ちゃんは接種ができません。ただし、軽度なアレルギーの場合は、接種が可能になることも。一度、医師に相談してみることをおすすめします。また、卵アレルギーがなくとも予防接種後の30分間は、病院内などで待機しておくことが勧められています。

いかがでしたか?赤ちゃんのインフルエンザの予防接種。メリットデメリットを良く知り、赤ちゃんやご家族にとってベストな選択をなさってくださいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す