赤ちゃんが下痢の時の食事!風邪や胃腸炎の場合は?

赤ちゃんは大人と違ってウンチがゆるいので、風邪胃腸炎のような病気、または離乳食の消化不良などが原因となって下痢をしてしまいがち。ですが、そんな時、ママとしては、赤ちゃんにどのような食事を与えたらいいか判断に迷うこともあるのではないでしょうか?そこで今回は、赤ちゃんが下痢になってしまった時、どんな食事をさせると良いのか?ということについてご紹介したいと思います。

赤ちゃんが下痢!その原因は?

赤ちゃんが下痢をしてしまった。そんな時は便の様子赤ちゃんの様子をよく観察してみてください。便や赤ちゃんの様子をチェックすることで主な原因をある程度推測することができ、その後のケアにつなげることができます。それでは、赤ちゃんと便の様子別にその原因を見ていきましょう。

●赤ちゃんは元気で、便の色や匂いもいつもと変わらず、ただ柔らかいだけ。下痢を繰り返すこともない。
この場合は、体調うんぬんではなく一時的なものと考えていいでしょう。赤ちゃんの場合、ちょっとした下痢や嘔吐はよくあることです。ただし、その後、下痢が繰り返されるような場合、他に原因があると考えられます。

●赤ちゃんの様子はあまり変わらず、便の中に離乳食で与えたものが形を残したまま混じっている何度か下痢を繰り返す
この場合は、離乳食消化不良ということが多いようです。あまり心配はいらないのでその日は離乳食をやめて、母乳やミルクをあげる、または離乳食の量を減らす、離乳食の段階を少し戻してみるなどして、様子を見てみましょう。

●下痢を繰り返す発熱・鼻水・咳などの症状がある
下痢だけの症状ではなく、発熱・鼻水・咳などの症状を同時に伴う場合は、風邪インフルエンザの可能性があります。特に、急に高熱が出て、赤ちゃんが不機嫌でぐずっている。こんな時は、インフルエンザかも。早めに病院へかかりましょう。

また、風邪にかかっていてお薬を服用している。2・3日すると下痢をし始めた。このような時は、お薬、特に抗生物質が赤ちゃんに合っていないことが考えられます。こんな時は、お薬の服用をやめ、再度、病院にかかりましょう。整腸剤を追加したり、抗生物質を替えてくれたりします。

●急に激しい下痢をする嘔吐や発熱などがある便に血や粘液が混じっている
こんな時は、食中毒の危険性が!食中毒は食品についた細菌が原因。細菌によって症状の強さが違うそうですが上記のような症状があり、激しく嘔吐や下痢をするときは急いで病院へ

●勢いのある下痢を繰り返す水っぽく、白っぽい下痢激しい嘔吐を伴う
突然、勢いのある下痢を繰り返し、その便は白っぽく、水のよう。同時に、激しい嘔吐も繰り返す。こんな時は、赤ちゃんの下痢の主な原因、ウィルスなどによる感染性の急性胃腸炎を起こしている可能性が高いです。

その代表格は、ノロウィルスロタウィルスといったものですが抗ウィルス薬がありませんので対症療法しかありません。症状がひどくなければお家で様子をみることも可能ですが、赤ちゃんは激しい嘔吐や下痢で脱水症状となることがあります。脱水症状に陥っていないか赤ちゃんの様子をよくチェックすることが大切です。

赤ちゃんが下痢!風邪や胃腸炎の時の食事は?

続いては赤ちゃんの下痢の原因の大半を占める風邪胃腸炎の時の食事についてご紹介していきます。まず、念頭に置いていただきたいのが下痢をしている場合、「便の硬さ=与える食事の硬さ」だということ。

便がちょっと柔らかい程度であれば食事も通常より柔らかめに、水のような下痢な場合は水分に近いものを・・ということです。これは、覚えやすいのではないでしょうか?それでは症状別にご説明します。まず、下痢を伴う風邪のとき。

食欲があるようであれば消化の良いものを便の具合を見て普段通りにあげて構いませんが下痢で水分が身体から多く失われています。水分をしっかりと取らせることが大切です。母乳ミルクはもちろん、b>赤ちゃん用のイオン飲料水、麦茶白湯などがおすすめです。

この時、冷たいものはNG。量も一度にたくさんではなく少しずつ与えることが肝心です。でないと、再びお腹を刺激してしまいかねません。また、りんごのすりおろしなどはいいのですが、柑橘系の果汁などは下痢を増長させる可能性があるのでやめておきましょう。

続いては、ウィルス性などの急性胃腸炎の場合。この場合は嘔吐を伴うことが多いので、吐き気が強い時は無理に飲ませない方がいいです。脱水症状に気をつけながら1時間~数時間待ち、吐かないようなら少しずつ、水分を取らせます。

この時、気を付けるのが「少しずつ、回数を分けて」ということ。スプーン1杯からはじめて吐かないようなら少し時間をおいて前よりも少し多い量を根気よくあげていきましょう。たとえ、離乳食が始まっていても吐き気が強い時、便が水のような時は一時ストップ。まずは、便と同じ硬さの水分のみをあげましょう。おすすめのものは、風邪のときと同様ですが、その他にも野菜スープお味噌汁の上澄みなどもOKです。

そして、吐き気がなくなり、下痢だけになったら便の様子を見ながら消化のいいものを与えていきます。おかゆ柔らかく煮たうどん薄いお味噌汁や柔らかいパン、すりつぶしたリンゴバナナ。野菜も柔らかく茹で、裏ごししたり、すりつぶしたりして消化のよい形に。

逆におすすめでないのは、刺激が強いもの牛乳アイスクリームなどもそうです。また、脂肪分の多い糖分の多い大人向けのイオン飲料水、お菓子ジュース繊維の多いゴボウ菜っ葉類などの野菜、海藻類などは避けた方がいいでしょう。

いかがでしたでしょうか?赤ちゃんが下痢の場合の食事に関する事、わかっていただけたでしょうか?体調が悪い時の赤ちゃんの相手は本当に疲れるものです。ご家族で協力して乗り切ってくださいね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す