赤ちゃんの下痢や嘔吐が続く時に考えられる病気は?病院へ行くタイミングは?

赤ちゃんが病気になるとまだ小さいだけに心配でたまりませんよね。また、病院に連れて行くタイミングというのも難しいものです。まだお家で様子をみてもいいのか、それとも病院に行った方がいいのか、迷われることが多いと思います。今回は、その中でも下痢嘔吐の症状がみられる場合に考えられる病気病院に連れて行く目安についてご紹介していこうと思います。

赤ちゃんの下痢や嘔吐!考えられる病気は?

赤ちゃんに下痢嘔吐の症状が見られる場合、その下痢や嘔吐が一時的なものか、そうでなく繰り返すものかで病気などではなく、心配がいらない場合と逆に、病気が疑われる場合とに分けることができると思います。

下痢や嘔吐をしたからといってイコール「病気」ではありません。症状が、下痢だけ、もしくは嘔吐だけで赤ちゃんの様子も通常と変わらず、以降、下痢や嘔吐を繰り返さない場合、一時的なものだと思われます。

赤ちゃんはそもそも興奮してひどく泣いたり、おっぱいやミルク、離乳食を飲み過ぎたり食べ過ぎたりすると、もどしてしまったり、下痢をしたりしてしまうものです。下痢だけ、嘔吐だけで他に症状がなく、繰り返さないときはあまり心配せずに様子を見ましょう。

ただし、症状が下痢だけ、嘔吐だけでもそれが何度も繰り返される時は病気が隠れている可能性があります。例えば、症状が下痢だけ。ただ、母乳やミルクをあげたときいつも下痢をしてしまう・・こんなときはミルクなどに含まれる糖質を分解することができない「乳糖不耐症」かもしれません。

また、症状は嘔吐だけ。ただし、母乳やミルクを飲んだ後、よく、噴水のように吐いてしまう・・こんな時は、母乳などが腸に流れないで逆流してしまう「幽門狭窄症」かもしれません。

いずれにせよ、他に症状がないのに、何度も下痢や嘔吐を繰り返す場合は一度、医師に診せることをおすすめします。一方で、下痢と嘔吐がいっしょに見られる場合、もしくは、嘔吐や下痢と共に発熱などが見られる場合は病気である可能性が高いと思われます。この時、これからの季節、まず疑われるのがインフルエンザウィルス性の急性胃腸炎です。

インフルエンザは多くの方がご存知の通り急な発熱関節痛頭痛鼻水といった全身症状が急激にあらわれるのが特徴ですね。とにかく急にぐったりしてひどい時は声も出なくなります。このインフルエンザに嘔吐下痢症状が伴う場合もあるんです。ご家族にインフルエンザ感染者がいた場合や、周りで流行っている場合などは赤ちゃんにうつった可能性が大!要注意です。

そして、ウィルス性の急性胃腸炎の場合、その代表的なものがロタウィルスノロウィルスアデノウィルスなどによるもの。この時も発熱することがあり、急に激しい嘔吐を繰り返す、下痢を繰り返し、水のような白っぽい便がみられるといった特徴があります。

赤ちゃんの下痢と嘔吐!病院へ行く目安は?

では、赤ちゃんがインフルエンザやロタやノロウィルスに代表される急性胃腸炎の疑いがある時どのタイミングで病院に行けばいいのでしょう?まず、インフルエンザかなと思ったら、早目に病院へ。急激に症状が進むので早目の診断とお薬をもらうことが大切です。

また、ウィルス性の急性胃腸炎の場合は基本、ウィルスが身体から抜けるのを待つ「対症療法」しかありません。よって、症状がひどくない場合は塩分を含む少量の水分を与えながら様子を見ることもできます。ただし、下痢と嘔吐が続く場合、赤ちゃんは脱水症状に陥りがち。

  • 顔色が悪く、ぐったりしている
  • 尿の量が減っている
  • 唇・口の中・舌などが乾いている
  • 母乳やミルク、水分等がとれない

もしくは、

  • 38度以上の熱がある
  • 嘔吐がずっと続く
  • 症状の改善がみられない

これらの症状があれば、すぐに病院へ。脱水症状の危険性、もしくは症状がひどくなっている可能性があります。また、

  • 下痢が1週間以上続く
  • 便に血が混じる

などがみられたら、こちらも病院へ。度重なる下痢が原因で腸などへのダメージが考えられます。また、

  • 緑色の嘔吐物がみられる

こちらも即、病院へ。腸重積の可能性があります。腸重積とは、腸が重なってめり込み、閉塞する(動かなくなる)病気で、通常の急性胃腸炎などの嘔吐は黄色い胃液⇒黄色の嘔吐物を伴うことはありますが腸重責では胆汁まで嘔吐してしまうので、緑色の嘔吐物がみられることがあるのです。このような時は、急いで病院に連れて行きましょう!

いかがでしたか?赤ちゃんの下痢や嘔吐、心配してしまいますよね。病院にいく目安を知って上手に赤ちゃんをケアしてあげたいものですね!

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す