赤ちゃんの冬の寝る時の服装や布団のポイント!暖房の設定は?

暑いあせもにならないように。寒い風邪などひかないように。赤ちゃんを育てるママにとって季節に応じた服装環境を作ってあげるのはなかなか骨が折れることですよね。中でも、ここでは多くのママがネットなどで質問を寄せている寒い季節の「赤ちゃんを寝かせる服装」と「お布団」についてご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんは寒さより暑さに弱い!?

新陳代謝が活発で、大人の2倍以上の汗をかくと言われる赤ちゃん。実は、寒さよりも暑さに弱いことを皆さんはご存知でしょうか?赤ちゃんは、寒いと身を縮めて激しく泣くことがあります。これは、自分が寒さにさらされているという危険信号を周りに発していると同時に泣くことで自分の体温を高め、身体を暖めることで、自らを守ろうとしているのです。

また、赤ちゃんは体重あたりの体表面積は大人の3倍とも言われ、低体温高体温、共になりやすい身体を持っています。ただ、体温調節の未熟な赤ちゃんでも寒い時は泣くことで自分を守ろうとする一方で、暑い時は、体内に「うつ熱」と呼ばれる熱をため込んでしまうことがあるそうなんです。

これは、暑くても自分で洋服を脱いだり、布団をはいだりできないことからも起こるそうで、現在では、うつぶせ寝喫煙と並ぶ、乳児突然死症候群(SIDS)の原因の一つではないかと言われています。

寒いのではと、つい厚着させたり布団を多く掛けてみたりというのはわが子を思いやる親心からきているのですが着せすぎ暖めすぎはかえって赤ちゃんのためにならないということですね。

⇒赤ちゃんが寒いか判断する方法

寒い季節の赤ちゃん!服装の枚数の目安は?

では、寒い季節、赤ちゃんにどのくらい洋服を着せるといいのでしょう?その目安は、

生後2ヶ月まで:大人と同じ
生後3ヶ月~:大人より1枚少なめ

となっていて、季節共通です。生後2ヶ月までの新生児期は特に体温調節機能が未熟で周りの温度の影響を受けやすいため、大人と同じ枚数で。成長し、徐々に体温調機能が発達してくる生後3ヶ月から大人より1枚少なめにということです。赤ちゃんはとても汗かきですしね!

そして、判断に迷う時は背中などに手を入れてチェックしてみるといいでしょう。手足は冷たくても顔色も良く、背中が暖かければ大丈夫です。ただ、一番悩むのが昼間ではなく、夜寝る時。お昼間なら度々ママがチェックもできますが夜中はそうはいきませんよね。

寝る時の着せる枚数は?お布団はどのくらいかけたら?ほんとに寒くないのかな?心配なママも多いと思います。そこで、続いては寝る時の服装お布団のことについてご紹介します。

寒い季節の赤ちゃん!寝る時の服装とお布団について

寝る時の服装も枚数の目安と同じく生後3ヶ月以降は、大人より1枚少なめ・・です。大人が寒いのではと思っていても赤ちゃんは意外と汗をかいているということが多いものです。ママやパパが寝る時の服装を思い出してください。下着に、パジャマやジャージ、スウェットなどではないですか?

もこもこの外に着ていけるような洋服を着て寝る人もあまりいませんよね。赤ちゃんも同様です。冬でも、寝る時は肌着カバーオールで十分です。寒さが厳しい時などは肌着を短肌着+長肌着など重ねて着せると調節もできます。

また、女性の中には冷え性で靴下をはいて寝る方も多いかもしれませんが赤ちゃんはむしろ暑がりですから靴下も必要ありません。そして、お布団は大人より軽めに。というのは、赤ちゃんには大人より1枚少なめに着せると言いましたね。ですが、寝る服装というのはだいたい大人も赤ちゃんも枚数としては同じくらいです。

ですから、ここで大人と同じ枚数の布団を掛けては赤ちゃんにとっては暑すぎるのです。大人なら少し肌寒いかも・・という基準で選んでみると分かりやすいかもしれません。お昼寝なら、綿毛布かタオルケット。なら、綿毛布かタオルケットにお布団を1枚といったところが一般的で、調節はお布団ではなく毛布やタオルケットでしましょう。

ただ、お布団を蹴ってしまう赤ちゃんも多いですよね。これは、暑いからお布団を蹴ってしまうのだと思いますがそのせいで夜中に身体が冷えてしまうのも心配です。そこで便利なのがスリーパー。ベストの裾が長くなったような形で着たまま寝かせることができます。

このスリーパーを毛布の代わりの1枚として考えれば夜中にお布団を蹴ったとしても最低限、スリーパーだけは赤ちゃんを覆ってくれるので安心!うちも長い事、愛用していました!便利ですよ!

関連記事
⇒赤ちゃんが布団を蹴る時の対策は?嫌がる理由は何?
⇒赤ちゃんとの添い寝!ベッドと布団のそれぞれの危険性や注意点は?

また、暖房を入れている場合も着せすぎ、暖めすぎに気をつけましょう!赤ちゃんにとって快適な温度は、18~24℃とか。大人にとって少し寒いかなと感じるぐらいのようですよ。また、空気が乾燥すると寒く感じられますから加湿器などでうまく調整するといいのではないでしょうか。インフルエンザなどの予防にもなりますしね。

いかがでしたか?冬の赤ちゃんの寝る時の服装お布団のこと、皆さんの疑問が少しでも解決できたなら幸いです。寒い冬を赤ちゃんと一緒に頑張って乗り切りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す