赤ちゃんが寒いかどうか判断するサイン

暑さが和らいで気温が下がっていく季節になると赤ちゃんがいるご家庭で心配になるのが風邪ではないでしょうか?寒くなるとインフルエンザ胃腸風邪なども流行るので、気を揉みますよね。

特に、初めての赤ちゃんを迎えられたお家では何をどのくらい着せるといいのか、赤ちゃんが寒がっているかどうか判断に迷うことも多いと思います。そこで、ここでは赤ちゃんが寒いかどうか判断する見分け方についてご紹介していきたいと思います。ここでの情報を上手に活用して赤ちゃんと一緒に快適な冬をお過ごしください!

寒い?寒くない?赤ちゃんが寒いかどうかの見分け方

赤ちゃんは当然ですが暑い寒いと自分で言うことができません。ですから、周りの大人が赤ちゃんの様子を見て暑さ寒さを判断しなければなりませんよね。その判断基準で分かりやすいのは寒い時です。顔色や唇が青ざめていたり、手足の血色が悪かったりとちょっと注意して見てみると外見の判断から寒すぎるのかも・・と分かります。

また、赤ちゃんは寒いと泣くことによって危険だよという信号を出し、自分で熱を生み出し守ろうとする力があるそうです。何をやっても泣き止まない、身体を縮めて激しく泣き続けるというような時は寒い可能性が高いですね。

また、「手足が冷たいけれど赤ちゃんは寒くないの?」と疑問に思うママが意外にも多くいらっしゃいます。確かに、手足が冷たいと大人の感覚で、寒いのかな・・と思ってしまいがちですよね。私もその一人でした。しょっちゅう、子どもの手足を触っていたと思います。

ですが、前述したとおり寒いと赤ちゃんは泣きます。顔色も良く、手足を伸ばしてすやすやと眠っている、もしくは機嫌よく遊んでいるなら手足が冷たくとも実は、赤ちゃんにとっては寒くなく、快適な状態なのです。

逆に、手足が暖かく、顔色がやや上気してピンク色、すやすやと寝ている場合などは暖かすぎる可能性があるそう。寒いと泣いて危険信号を出し、自らを温めようとする赤ちゃんも暑さを回避する力は持っていないそうなのです。また、洋服の着せすぎなど赤ちゃんを暖めすぎる行動は乳幼児突然死症候群の原因の一つになりえるとも言われているので気をつけましょう。

そして、赤ちゃんの。冬などは特に寒そうですが大きくなって歩き出す時のバランス感覚を身につけるためにもさらには、熱を放つ機能が足に備わっていると言われるので赤ちゃんは、室内では、素足でいることが大切とされています。

寒い?寒くない?赤ちゃんの洋服の着せ方

続いては、寒い季節の赤ちゃんのお洋服の着せ方についてご紹介していきます。赤ちゃんは特に新生児のうちは体温調節がまだ上手ではないので周りの温度の影響を非常に受けやすいと言われています。

ですから、汗をかきやすい赤ちゃんも生後2ヶ月までの新生児期はお洋服の枚数は大人と同じというのが目安です。そして、体温調機能も発達する生後3ヶ月以降大人より1枚少なめというのが一般的な考え方です。

それでも、寒くないのかなと迷うことがありますよね。そういう時は、まず、顔色をみてみましょう。顔色が悪くないか、唇が青ざめていないか、震えたりしていないかチェックしてみてください。その上で、手足が冷たくても、機嫌が良ければ大丈夫です。

また、背中に手を入れて触ってみるのもいいチェック法。意外と汗をかいていることも多いですが、本当に寒い時は背中も冷たく、ひんやりします。他にもお腹や、太もものあたりなど冬は衣類で守られているところをチェックするのもいいですね。これらが冷たくなければ寒くはありません。逆に冷えているかなと思ったらベストなどで調節してあげるといいと思います。

また、室内の温度はエアコンを入れるのであれば暖めすぎに注意!大人が少し肌寒いかな?と感じるぐらいがベストだそうです。また、冬場はどうしても乾燥しがちです。できれば、加湿器などを使って部屋の湿度を50~60%に保つようにするのをおすすめします。これは、乾燥から赤ちゃんの肌を守ることができますし、インフルエンザなどの菌が乾燥によって活性化するのを防ぐ働きもあります。

また、赤ちゃんを寝かしつけようと布団に寝かせた途端、ワッと泣き出してしまう・・というのは、多くのママが経験すること。私も毎日、これで苦労しました。いくらそっと置いてもダメなんですよね・・こんな時、もしかしたらお布団が冷たいのが原因かも?赤ちゃんを布団に寝かせる前に湯たんぽなどであらかじめ暖めておくと、お布団がヒヤッとせず、うまくいくかもしれません。

いかがでしたか?赤ちゃんが寒いのかも・・と思い始めると、ママは気になってしょうがないですよね。ここでまとめたことを頭の片隅に入れて、寒い冬をうまく乗り切ってくださいね!

⇒赤ちゃんが冬寝るときの服装や布団

スポンサードリンク

コメントを残す