赤ちゃんを持つ母親がノロウイルスに!授乳・母乳は?他の注意点は?

赤ちゃんがいる家庭では風邪インフルエンザも嫌ですが、冬場のノロウィルスに代表される感染性の胃腸炎などもかかりたくない病気の一つであると思います。ですが、このノロウィルス非常に感染力が強いので赤ちゃんの身近な大人、パパママがかかってしまうことも珍しくありません。

家族にノロウィルスの感染者が出てしまった場合、赤ちゃんにうつらないかが心配ですよね。特に、赤ちゃんを一番身近でお世話することの多いママがかかってしまった場合はどうしたら赤ちゃんに感染するのを防げるのでしょう?ここでは、赤ちゃんがいるご家庭でママがノロウィルスにかかってしまった時の注意点をまとめてみました。上手に活用して赤ちゃんを守ってあげて下さいね。

母親がノロウィルス!授乳はどうしたらいいの?!

赤ちゃんをお世話するママがノロウィルスにかかってしまった時、授乳はどうしたらいいのか、特に、母乳育児の場合あげてもいいのか、いけないのか迷われる方が多いと思います。結論から言うと、母乳は普段通りあげて大丈夫!むしろ、母乳には「天然のワクチン」と言われる程、殺菌成分が含まれているので赤ちゃんにあげることでノロウィルスを予防することにつながるそうです。

ただ、その時に気をつけたいのはウィルスが赤ちゃんに付着しないようにすること。ノロウィルスはウィルスを持つ貝類からの感染以外、ほとんどが経口感染によるもの。つまり、嘔吐物や下痢などの排泄物に含まれるノロウィルスが消毒などが不十分なまま感染者の手指などを通して別の物に付着。そこを触った別の人が知らずに口に手を持っていき、口からウィルスが入る・・または、嘔吐物排泄物飛沫が飛び散り、付着。そこから同じように別の人の口へと入る・・というケースが圧倒的多数なのです。

ですから、母親であるママが感染者となった場合、授乳のときはマスク着用が鉄則。乳首の消毒は忘れずに、嘔吐や下痢をした場合は手や指を念入りに洗い、飛沫が付着したかもと思う時は服をこまめに換えて、授乳することをおすすめします。

ただし、ママの症状が重く脱水症状などが見られる場合は授乳も控えるように医師から指示があることも。いずれにせよ、ママ自身が充分に休息をとり、体調の回復に努め、迷った時は医師の判断をあおぐのが最上と言えるでしょう。赤ちゃんのお世話もできるだけパパや周りの人の力を借り、無理をしないことが一番です。

母親がノロウィルス!その他の注意点は?!

残念ながら抗ウィルス薬やワクチンがないノロウィルス。ママが感染してしまった時授乳時の注意点の他に気を付ける点はなんでしょう?それは、徹底的な消毒!ノロウィルスは非常にしぶとく強い菌なので感染拡大を避けるにはこれが一番重要になってきます。

特に、はウィルスが付着していることが多いので、常に念入りに洗いましょう!嘔吐物がある場合は、マスク手袋を着用した上でビニール袋を使って処理します。この時、アルコールなどの一般的な除菌剤ではウィルスを退治できませんので次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系の漂白剤などで消毒液を作り、それを活用しましょう。

消毒液は、水500mlにキッチンハイターなどの塩素系漂白剤を10ml、ペットボトルキャップ2杯分を混ぜたものが作りやすい分量です。100円ショップなどでスプレー容器を買ってきてその中に消毒液を入れると便利に使えます。

吐しゃ物は思っているよりも広い範囲で飛び散ります。消毒は念入りに!吐いた物が衣類などについた場合はお風呂などで別洗いしてからお洗濯をします。使った浴室は、その後、きちんと水で洗い流し、念のために浴室の消毒もするといいでしょう。

また、感染者の排泄物の処理が不完全だと、その場所が乾燥した後、ウィルスがそこから空気中に広がり、別の人が感染するという二次感染の危険性があります。排泄物の処理をする際には部屋の換気を十分に、手袋マスク着用で汚物は素早くビニール袋に入れ、消毒液をふり、しっかりと閉じる。

使用した雑巾ペーパータオルは汚物と一緒に捨てる方が安心です。衣類や絨毯なども汚れがひどい場合は思い切って捨てる覚悟が必要かもしれません。ママは具合が悪いでしょうから身の回りの人が代わって処理してくれるといいですね。無理をせず、どんどん助けてもらい、まずは体調の回復を優先させて下さい。

また、ノロウィルスは嘔吐や下痢、腹痛などが治まってもそれから1週間ほどは体内にウィルスが残っており、この期間も感染する可能性があると言われています。治ったからと油断せず、回復後の1週間は体内のウィルスを念頭に置いて念入りに消毒を行うことをおすすめします。

いかがでしたか?ママが病気の時、病気の身体をおして、赤ちゃんのお世話をするというのは本当に辛いことです。できれば1日も早く体調が戻るよう、パパはもちろん、周りの方にお手伝いをお願いしてみましょう。

スポンサードリンク

妊娠中に体重が増えてしまったあなたへ!

「妊娠中に体重が増えちゃったけど、子育てが大変で痩せることができない」

妊娠を終えた女性の多くがこの悩みを抱えています。実際、体を動かして行うダイエットは子育てと並行して行うのは難しいですよね。

フィットネスクラブに行くにしても、外に走りに行くにしても、赤ちゃんを一人にできないので、全く持って気軽ではないですよね。汗

ダイエットで成功するためには大切なことはたった一つしかありません。それは「気軽に続けられること」です。世の中考えて見れば、全てそうです。

・1日8時間勉強すれば、TOEICの点数を上げられる
・1日8時間本を読めば、知識は膨大に増える
・1日2時間走れば、理想の体に近づく

これらは頭でわかっていても、実際に行動し、それを継続するのは非常に難しいです。

つまり、大切なのは、「今の自分の生活環境に合った継続することができるダイエット方法を選ぶこと」なんです。

産後の体型戻しにはベルタ酵素ドリンクを使った部分置き換えダイエットがおすすめ!

子育てをしていなくても継続するのが難しい「体を動かす系ダイエット」ですが、赤ちゃんがいると、もはや「無理」と言っても過言ではありません。たま〜に運動するくらいならできますが、それで以前の体型に戻すまで行くのは難しいでしょう。

そこで、赤ちゃんがいても継続しやすいダイエットとしてベルタが提案しているのが「部分置き換えダイエット」です。以下は、ベルタの公式ページからの引用です。

妊娠・授乳中に酵素ドリンクで食事を置き換えるダイエットは、「母乳や赤ちゃんの発育に影響が出るかも?」「酵素ドリンクって飲んでも大丈夫?」など、色々な不安があるかと思います。
私たちも、産後ダイエットに1食分まるごとの置き換えはオススメしておりません。ベルタ酵素では、妊娠中・授乳中に部分的な置き換えをしながら無理なくダイエットを進めて頂けますよう、酵素の摂り方や食事の内容などを具体的にご提案しています。
ベルタ公式ページより引用】

「産後のあなたに無理なくダイエットを進めていただく」ためのダイエット方法の「部分置き換えダイエット」に用いるのがベルタ酵素ドリンクです。

上記の引用元の公式ページにも具体的な部分置き換えダイエットの進め方が記載されていますし、ベルタの特徴は何より「商品を届けて終わりではない」点です。

ベルタ酵素には外部のコールセンターの人間ではなく、ベルタ酵素の社員で形成されている「お客様サポートチーム」があり、お客様一人一人の目的達成のために電話・メールで真剣にサポートしてくれます。

このサポートチームは正直商品以上の価値があると思います。笑

→お客様サポートチームの詳細はこちら!

お客様サポートチームからアドバイスをもらいながら、ベルタ酵素ドリンクを用いた部分置き換えダイエットで無理なくダイエットを進めれば、子育てをしながらでも、理想の体型を現実にすることは十分可能です。

ベルタ酵素ドリンクをきっかけに、女性としての自信を取り戻しちゃいましょう。

▼▼ベルタ酵素【公式】
ベルタ酵素ドリンク

コメントを残す